DVD , 日本映画 , 時代劇,/quadrilobed4712148.html,ちいさこべ,1725円,mpscameroon.com,[DVD] 1725円 ちいさこべ [DVD] DVD 日本映画 時代劇 ちいさこべ 賜物 DVD ちいさこべ 賜物 DVD DVD , 日本映画 , 時代劇,/quadrilobed4712148.html,ちいさこべ,1725円,mpscameroon.com,[DVD] 1725円 ちいさこべ [DVD] DVD 日本映画 時代劇

ちいさこべ 賜物 セール特価 DVD

ちいさこべ [DVD]

1725円

ちいさこべ [DVD]

商品の説明

内容紹介


【解説】
江戸の大火で無一文となった大工の若棟梁が、裸一貫焼け出された浮浪児たちを育てるおりつとともに焼野の江戸に雄々しく立ち上がる山本周五郎の同名小説を、名優中村錦之助と巨匠田坂具隆監督が庶民の人情や哀歓を絡めて味わい深く綴った人間味溢れる珠玉の名編。
神田の名匠大工「大留」の若棟梁茂次は、初めて任された川越の仕事に張り切っていた。そこへ江戸に大火があり「大留」も丸焼け、両親も焼け死んだという悲報が届いた。悲しみに耐えて川越の大仕事を仕上げた茂次が神田の仮小屋に戻ると、幼馴染のおりつが大工たちの世話をしていた。だが呆れたことに焼き出された浮浪児5人も養っていた。茂次は米問屋上州屋の大口仕事を請け負い、親友の材木問屋から3百両を借りて「大留」建て直しに必死になっていて、おりつに子供たちを元の町内に帰せと叱る。おりつは町内の迷惑そうな眼や捨てられると知った子供たちの自棄っぷりに放り出すことも出来ず焼け跡の土蔵に一緒に住むことにした。ある日、米を売り渋る上州屋に激怒した人々が直談判に押し掛け、米を強奪し、茂次の普請場を滅茶苦茶に荒らし回った。その騒ぎの中で茂次は浮浪児の世を呪ったような目つきを見て衝撃を受ける。茂次はつれなく追い出したおりつや子供たちを連れ戻して家に引き取ることにした。そして読み書きを覚えるおりつや子供たちの喜ぶ顔を見て、茂次もしみじみ嬉しくなってくる。茂次は、おりつや子供たちとの明るく元気に生きている姿に、素っ裸になって雑草のように生きることを学んだ。茂次は子供たちのために特別の部屋をこしらえてやった。おりつはその部屋を“ちいさこべや"(小さい子の部屋」と名付けて喜んだ。やがて江戸の焼野原に復興の槌音が響きはじめた。
出演は当代人気実力随一の中村錦之助に江利チエミが初顔合わせ。中村賀津雄、東千代之介、河原崎長一郎、桜町弘子、夏川静江、木暮実千代、織田政雄、東野英治郎、千秋実、藤原釜足、渥美清らの錚々たる実力派演技陣を配した豪華キャスト。錦之助の視線を少し下げた柔らかな表現と父母を偲ぶ繊細な演技は感動的。また江利チエミの可憐な母性が素晴らしく、ラストシーンの焦土に咲く小さな花が印象的な巨匠田坂具隆監督の文芸大作。

【キャスト】
中村錦之助、江利チエミ、中村賀津雄、桜町弘子、東千代之介、千秋実、河原崎長一郎、吉川博子、大村文武、東野英治郎、坂本武、藤原釜足、織田政雄、渥美清、徳大寺伸、山本礼三郎、夏川静江、木暮実千代、東映児童研修所

【スタッフ】
原作:山本周五郎
企画:小川貴也
脚本:田坂具隆、鈴木尚之、野上龍雄
撮影:坪井誠
美術:桂長四郎
音楽:伊福部昭
監督:田坂具隆

【公開日】1962年6月公開

【スペック】
●映像特典
◆フォトギャラリー
◆予告編

DUTD02615/COLOR/本編170分/片面2層/1.主音声:モノラル/16:9LB(シネスコ)

【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

巨匠・田坂具隆監督が山本周五郎の同名小説を中村錦之助主演で映画化した文芸大作。江戸の大火で無一文となった大工の若棟梁・茂次は、焼け出された浮浪児たちを育てるおりつと、焼け跡の土蔵で一緒に暮らし始める。“シリーズ”。

ちいさこべ [DVD]

 本作は、江戸大火直後の焼け野原を背景に”社会的責任”を問いかけるチャンバラのない異色時代劇。広島で被爆した田坂監督の作品だけあって、戦災孤児の問題を時代劇に投影したようなストーリーです。 初めの方では、両親を火事で失った職人気質の大工の若棟梁(中村錦之助)が、家業の再建だけを考えて周囲の人間と軋轢を起こすのですが、幼馴染(江利チエミ)が行き場のない孤児を連れてきたことがきっかけで、自分のするべきことを考え始め、多くの孤児を引き取って読み書きを教えることになる。 いつもの股旅映画では義理と人情の世界に生きる錦之助が、本作では気風の良さはそのままに社会的使命に燃える姿が感動的で、文部省推薦のテロップがないのが不思議なくらい学校教材にもいい映画です。ちなみに棟梁の家は、床の間に日本刀ではなく槍鉋を飾っているのですが、江戸時代の職人の誇りが感じられて嬉しくなりました。
2時間50分の長編だが、最後まで私達の心を惹きつけ続ける人間味溢れる珠玉の作品!名匠大工「大留」の若棟梁(錦之助)は、江戸の大火で両親も家も無くし、一文無しになりながらも必死になって家の建て直しにやっきになっているが、焼き出された孤児達、家を焼かれた近所の人達の逆境をも見て、「人は、1人だけでは生きていけない。」家の看板も重要だが、「親から頂いた腕を庶民の喜びの中に生かしてこそ、自分の道がある」と、目覚めて行く。錦之助は、歌舞伎の名門出で人情深く、子供好きで知られているが、正しく、若棟梁と瓜二つ、全く自然体で、繊細に、見事に演じている。それに、江利チエミが「雑草の中の花」の様な存在で、子供達の世話をしながら素朴に歌う姿は、まさにこの映画に巧妙な明るさを与えている。この素晴らしいコンビを基に、被爆者の経験を生かして田坂監督が詩情豊かに表現している!実現してくれた東映京都万歳‼︎
映画の内容は感動的で申し分ないが、メカと云ったらいいのか分かりませんが、画面が小さく、折角の名作の鑑賞に水を差す感じで購入して失敗したと思っている。
<元気コメント> 「人助け」という言葉が最近あまり聞かれませんが、「子供は宝」と言う言葉は大切にしたいと思います。 そしてもう一つ、[人情」という言葉も。
ものづくりの未来を、つくる、
支えるあらゆる企業が集う