2242円 清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション DVD 日本映画 時代劇 /mediastine4712189.html,DVD , 日本映画 , 時代劇,mpscameroon.com,2242円,清須会議,スタンダード・エディション,Blu-ray 清須会議 Blu-ray スタンダード エディション セール 2242円 清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション DVD 日本映画 時代劇 /mediastine4712189.html,DVD , 日本映画 , 時代劇,mpscameroon.com,2242円,清須会議,スタンダード・エディション,Blu-ray 清須会議 Blu-ray スタンダード エディション セール

清須会議 Blu-ray スタンダード エディション 送料無料新品 セール

清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション

2242円

清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション

商品の説明

内容紹介

三谷幸喜と総勢26名の超豪華キャストで贈る、笑いと驚きとドラマに満ちた全く新しい歴史エンタテインメント! ! !


★興収30億に迫る大ヒット作! 三谷幸喜監督の最新作が待望のBlu-rayamp;DVD化!
「THE有頂天ホテル」(06)、「ザ・マジックアワー」(08)、「ステキな金縛り」(11)と立て続けに大ヒットを記録してきた、三谷幸喜監督の最新作!
◎第37回日本アカデミー賞 優秀監督賞・優秀脚本賞受賞・・・三谷幸喜監督

★日本映画史上最も絢爛豪華な総勢26名のキャストが集結!


カラー/ 2層(BD50G)/1080p High Definition /本編138分+特典/2013年/日本
音声)1日本語 5.1chサラウンド リニアPCM 2日本語 5.1chDTS-HD Master Audio 字幕)1日本語音声字幕

【映像特典】
特報・予告編・TVスポット集
※ジャケット裏面に人物相関図付


【ストーリー】
天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ―。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)。勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、秀吉への恨みから勝家派に。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいく。
そして、開かれる清須会議―。会議に出席したのは4人。勝家、秀吉に加え、勝家派の策士・丹羽長秀(小日向文世)、会議の行方を左右する池田恒興(佐藤浩市)。繰り広げられる一進一退の頭脳戦。様々な駆け引きの中で騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合う! 勝家派か?秀吉派か! ?


役所広司 大泉洋 小日向文世 佐藤浩市
妻夫木聡 浅野忠信 寺島進 でんでん 松山ケンイチ 伊勢谷友介
鈴木京香 中谷美紀 剛力彩芽

原作と脚本と監督:三谷幸喜
原作:「清須会議」(幻冬舎文庫刊)
美術:種田陽平 黒瀧きみえ
衣裳デザイン:黒澤和子

発売元:フジテレビジョン 販売元:東宝
ⓒ 2013フジテレビ 東宝
※商品仕様・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

三谷幸喜が17年ぶりの書き下ろし小説を映画化。日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”と言われる清須会議を題材に描いた歴史エンタテインメント。共演は役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市ほか。通常版。


メーカーより

清須会議 Blu-ray スペシャル・エディション(特典DVD付3枚組) 清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション 清須会議 スタンダード・エディション [DVD] 清須会議 スペシャル・エディション(3枚組) [DVD]
製品仕様 Blu-ray Blu-ray DVD DVD
発売日 5/14/2014 5/14/2014 5/14/2014 5/14/2014

清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション

なかなか面白く視聴できた。自分が考えている秀吉と勝家のキャラクター設定とはまるで違うがこういう両名もありかな。でもしかし。共に就いてきた織田家の頭首であった信長が討たれ、光秀を倒した直後の跡継ぎを決める評定(清須会議)で、あの秀吉のノー天気な表情はない罠。たしかに世の中、何が起こってもノー天気な顔をしている人はいるけれどあそこまで上り詰めた段階で、織田家の幹部達があの場での表情はない。けれど、大泉洋の猿(秀吉)は、たしかにはまっている。役所広司の勝家は流石だ。とても良い。中谷美紀のダンスには驚いた。このシーンは何度も見返してしまった。時間が経ったらもう一度見たいと思う。
百姓から天下人になった秀吉は先見の明に優れ、織田家筆頭家老の柴田勝家、丹羽長秀をも籠絡した(?)百姓の(というより、商人ぽい)卑しさ全開だなと感じた。ストーリーとしては、あまり深掘りしてことがなかった織田ー豊臣時代の歴史のいい勉強になった。演技としては、役所広司に感銘を受ける。「頭が高い」のシーンの悔しさ滲み出る表情には恐れ入る。
清須会議など私はよく知っているし、大河ドラマでもこの手の場面はよく出てくるので割と有名な話題ではないかと思う。特に私は太閤立志伝をよくやっていたので、清須会議はイベントでどの作品でも登場しているので個人的にはよく見慣れてる。前田利家が当時柴田勝家よりであったことも知っているし。丹羽長秀がまじめな人物な、中性的な人物なのも多少知っている。レビュー見ると知らない人も多く、登場人物も知らない人が多いのだね。秀吉と勝家のメインの武将だけ知っていれば名前憶えてなくても見れるっちゃ見れると思う。お馴染みの大泉洋さんをはじめ豪華キャストで、豪華な俳優陣が豪華な映画に仕立て上げたものだと思う。何しろ数日間程度のの清須会議をドラマ性に満ちたものにしてしまったのだから。とりわけ大泉洋さんの秀吉は見ものです。彼はまじめだったり寡黙だったりする役が多いけどこうした役もばっちりこなしてしまうあたりさすがだと思う。個人的には古風な町並みで民衆が騒いでいるシーンがノスタルジアをそそられて癒される。旗とり大会という珍しい遊びも出てくるので見ごたえがあると思う。滝川一益は確かに遅れるのだが一人で帰ってくる感じに描かれ、予算がカットされている印象を受けた。当然お供のものを連れてなければ不自然なんだけどwま、そういうマイナス点がそんなにはなかったので、いいと思う。ちょい無理気味ではあるがニンジャシーンも描かれてるのもいいのではないか。2回以上見る価値がある映画かどうかは賛否が分かれると思う。 当時も今も性格によって対処法が分かれるといったことを再認識できた。現代人の多くは秀吉に憧れるが多分慣れないだろう。池田恒興みたいな日和見タイプが多いのではないだろうか。
既にほかのレビュワーの方も書いておられますが、三谷作品の中では最低の出来だと思います。清須会議は秀吉が天下取りレースで一歩リードすることになった出来事です。その映画と言うからには虚々実々の駆け引きや暗闘がスリリングに描かれるはず・・・・と期待して見たのですが、そんなものはまるでありませんでした。これは秀吉の「ワンサイド・ゲーム」です。対する柴田勝家はお人好しの間の抜けた男で、やられっぱなしで終わります。シーソーゲームもなく、したがって物語の起伏もありません。豪華なキャスト、映画ならではの美しい映像と衣装、鈴木京香さんや剛力さんは引眉と鉄漿までして時代感を演出してくれています。大泉さんの秀吉も好演。中谷美紀さんの田舎踊りもはっちゃけています。・・・・・が、そうした多くの好素材も、肝心の物語が平板ではただの断片のつぎはぎにしかならないのでした。いやマジで何をしたかったの?三谷さん。