即日出荷 島田陽子に逢いたい DVD [DVD],/jay4272338.html,DVD , 日本映画 , エロス,1253円,島田陽子に逢いたい,mpscameroon.com 1253円 島田陽子に逢いたい [DVD] DVD 日本映画 エロス 即日出荷 島田陽子に逢いたい DVD 1253円 島田陽子に逢いたい [DVD] DVD 日本映画 エロス [DVD],/jay4272338.html,DVD , 日本映画 , エロス,1253円,島田陽子に逢いたい,mpscameroon.com

即日出荷 島田陽子に逢いたい 舗 DVD

島田陽子に逢いたい [DVD]

1253円

島田陽子に逢いたい [DVD]

商品の説明

内容紹介

【解説・ストーリー】
“大女優・島田陽子"と“余命わずかな男"の物語を、現実と虚構を織り交ぜて描きながら、ラブamp;エロスを超越したセックスの可能性や出会いの素晴らしさを謳った傑作ヒューマンドラマ。主演の島田陽子が、自分自身の役を体当たりで演じている。

【キャスト】
島田陽子、甲本雅裕、成田裕介(友情出演)、生島ヒロシ(特別出演)

【スタッフ】
脚本:秋本健樹、いまおかしんじ 監督:いまおかしんじ

【公開日】2010年10月公開

【スペック】
●映像特典
◆メイキング
◆未公開シーン
◆劇場予告編
◆特報

DUZS07187/COLOR/本編77分/片面1層/1.主音声:ステレオ/16:9 LB

【視聴制限】※15歳以上がご覧になれます。

【発売元】レジェンド・ピクチャーズ 【販売元】東映・東映ビデオ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

女優と余命わずかな男の人間関係を描いたエロスドラマ。不本意な相手とのラブシーンが嫌で現場を逃げ出した女優・島田陽子。彼女は偶然出会った吾郎の家で居候することになるが…。監督は『かえるのうた』のいまおかしんじ。“ラブamp;エロス”。

島田陽子に逢いたい [DVD]

最初は 島田陽子のベッドシーンなど エロ目的で しかもレンタルになかったから購入したが 一本の映画として充分楽しめた セミドキュメンタリーみたいでいて 実はファンタジー映画やっぱ 映画は監督の腕に掛かってるなぁ…ってシミジミと感じた映画でした
20年前の『島田陽子写真集・KirRoyal』(想撮・遠藤正)はオナペットとしてしばしばお世話になった。その後の島田陽子さんに、もう一度逢いたくて、このビデオを購入。島田陽子さんの美しいスレンダーな裸体は今も健在でした。アップの顔は可愛らく年を重ねられている。末期がん患者に身体ごと投げ出して寄り添う。元妻と娘に末期がんを正直に告白させる迫真の演技は、さすが名女優。ガソリンスタンドで働く娘役の女優さんもなかなか好感がもたれ、今後が楽しみだと思った。島田陽子さんとの久々の再開に感謝。
この映画は、ひとりの妙齢の女性を描くとして確かに、着実に女性が大切に主人公になっていました。いまおかしんじ監督の映画をいくつか観て、何回も心を動かされましたが島田陽子という人のイメージを乗り越えてファンになるほどのいい映画でした。大人の女性の可愛らしさが、たっぷり描かれています。驚く程。クスクス笑いながら、人間って面白いなと思える映画です。もしビデオ屋さんにあったら、一度は観てみて下さい!
何かストーリーだけを見ると、GPミュージアムかアートポートかと思ってしまうが、東映がバックアップしている作品だ。東映という会社は面白くて、もともと満映のスタッフたちが多くいたから、文芸大作からポルノまで、なんでもアリの「大陸系」社風がある。近年は日本映画再隆盛の波に乗り、東宝のような上品さを醸し出していたが、本来は日活に次ぐピンク映画の公開数を誇る。本作を皮切りに、自社制作ではないがこういう路線を復活させたことは、いいことだと思う。といえど、本作に何かを期待して(笑)観ると、ごく普通の日本映画なので肩透かしを食らうだろう。面白いのは「映画内映画」のスタイルを取っていることで、さらにそこへ「本物の」島田陽子を放り込むから、訳が分からなくなる。本作の魅力はそこにあり、冒頭からポイントごとに出てくる生島ヒロシ司会による、TVのトークショーも入り込むので、どこまでが現実かわからないのが面白いのだ。ストーリーは単純なので、島田陽子という女優の「気品」を改めて見直すこともできる(特に演技はしていないそうだ)。日本での「映画内映画」というと中田組の「女優霊」あたりになるだろうが、あれはある程度「大作」の想定だ。日活スタジオにセットを作れる環境は、本作とは異なる。日本映画&ドラマの撮影は、実は本作のような小スタッフで手作り感の溢れる現場が多い。俳優陣では甲本雅裕が主演に近い役柄を演じていたのが嬉しかった。いつも脇にいる俳優だが、演技はピカイチなので、こういう作品でこそ際立つ。死期を悟った「飄々さ」と自殺を図る「不安感」のバランスが見事だ。また、加賀美早紀の「普通の役」は久しぶりだ。デビューが「プラトニックセックス」だったので、どうしてもその系統の作品が多いが、もとがクールビューティなので、こういう役もどんどん演じて欲しいなあ。特典映像は20分ほどのメイキングが収録されている。もう少しマスタリングをちゃんとして欲しかったが、作品評価として3つ星です。

ご希望のサッカースタジアム[サッカー場]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP