/hereat4712254.html,mpscameroon.com,DVD , 日本映画 , ドラマ,2755円,許されざる者,[Blu-ray] メーカー公式 許されざる者 Blu-ray 2755円 許されざる者 [Blu-ray] DVD 日本映画 ドラマ 2755円 許されざる者 [Blu-ray] DVD 日本映画 ドラマ /hereat4712254.html,mpscameroon.com,DVD , 日本映画 , ドラマ,2755円,許されざる者,[Blu-ray] メーカー公式 許されざる者 Blu-ray

メーカー公式 許されざる者 Blu-ray 付与

許されざる者 [Blu-ray]

2755円

許されざる者 [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

日本最高のスタッフamp;キャストが、米アカデミー賞最優秀作品を再生。
伝説の「人斬り」が、再び刀を抜き放つ―。

世界が注目する日本映画、誕生。
ハリウッド×李相日×渡辺謙
日本映画界が、動いた――! 世界最高の一 本に日本最高のスタッフとキャストが集結した。
日本映画史上最大の、このプロジェクトを突き動かしたのは、クリント・イーストウッド監督・主演の伝説的名 作『許されざる者』。
第65回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、最優秀作品賞をはじめ4部門を受賞した映画史に残る最高傑作が、2013年秋、日本 映画となって再生する!
監督は、『悪人』『フラガール』の李相日。かつて黒澤明の『用心棒』に感動したイーストウッドが『荒野の用心棒』に主演し、稀代の名作にもうひとつの命を与えたように、
イーストウッドの『許されざる者』に射抜かれた李相日が、この世界最高峰の作品に、新たな命を渾身で注ぎ込む。
キャストは、渡辺謙、柄本明、佐藤浩市。今の日本で最高といえる俳優陣を、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、ジーン・ハックマン にぶつけて
引けをとらせないばかりか、名優たちをして、さらなる演技の頂点を引き出した。共演は柳楽優弥、忽那汐里の若手に加え、小池栄子、國村隼らによる妥協なき布陣。
ぶつかり合う魂の応酬が、かつてない胸の震えを突きつける。


男たちの覚悟が、女たちの意地が、感情の臨界点を超える。
舞台は1880年、北海道。主人公は、幕府軍の残党で、かつては〝人斬り十兵衛〟と恐れられた男。愛する妻と出会い、刀は棄てたはずだった。
しかし、妻亡 き後、幼い子供たちと極貧の生活にさらされる日々のなか、昔の仲間が〝賞金首〟の話を持ってやって来る。客にずたずたに切り刻まれた女郎が、
街を牛耳る暴 力的な支配者に逆らって、自分たちで貯めた金を賞金に敵を討ってほしいと懇願しているというのだ。自分のためなら二度と手にすることの
なかったはずの刀を、男は再び抜き放つ。それゆえに背負うことになる罪も、痛みも、孤独も、すべて黙って引き受けて。
子を思うとはかくも切ないものなのか。女たちの誇りとはかくも気高く残酷なものなのか。友を弔うとはかくも凄まじい所業なのか――。
強くもあり、弱くもあり、美しくもあり、醜くもある人間の、最後の祈りに、心が、震える。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『フラガール』の李相日監督がクリント・イーストウッド監督・主演の名作『許されざる者』を渡辺謙主演でリメイク。かつて「人斬り十兵衛」として恐れられた男は、刀を捨て極貧生活を送っていたが、昔の仲間から賞金首の話を持ち掛けられ…。

許されざる者 [Blu-ray]

リメイク作品ということでどうしても原作との対比となってしまうが、結論から言うとやはりオリジナルの方が良い。ストーリーは原作を踏襲しつつも、幕末から明治という時代背景や、アイヌ差別問題についても語られる。確かに原作の年代をそのまま日本にスライドさせると、上手い具合に幕末から明治の時代に重なり、物語としては描きやすい。そして今では当たり前のように「日本」の中に組み込まれている北海道が、元はアイヌというまるで別の文化を持った部族であり、明治政府がどうにか西欧列強に対抗すべく、日本を一国家にしようとした過程で、作品内で描かれるような虐待があったのも想像に難くない。本作の李相日監督は、これら国家やその政策すらも「許されざる」存在として描きたかったのだろうが、結果的に個人と国家(時代)、両方の許されざる要素が不可分に入ってきて、話の焦点を曖昧にしている。原作の時代背景は「西部の時代」というだけであり、歴史的な背景が少ない分、個々人の「許されざる」行為が浮き彫りになるが、本作は「時代(1880年)」が主人公たちに色濃く影響し、「許されざる」行為が果たして個人のものか、時代的なものかがはっきりしない。もちろん、それ故に余計に割り切れない思いがあり、主人公たちの「闇」は一層深いのだが、「許されざる者」というタイトル(=主題)で割り切れない深い闇を描いてどうしたかったのだろうか。そもそも原作及び本作のストーリー展開は、一見正しいと思える行為もそれは全て個人の正義に過ぎず、見方によってはどれも「許されざる」行為であるということを浮き彫りにするものだ。このストーリーによって、イーストウッド監督が何度も形を変えて表現してきた、人間は白でも黒でもなく、灰色の存在であり、罪なき人はいないというテーマを表している。しかし、そこに「時代」を取り込んでしまうと、逃げ道が生じる。原作の主人公ウィリアム・マニーは、かつて金欲しさに女、子どもまで全て殺した大悪党だ。これは完全に個人の意思なので、言い訳しようにも出来ない罪だ。対して、本作の十兵衛は幕府に仕え、その指示で人を殺した。この辺の背景が語られていない為、十兵衛が好き好んで人を殺したのか、渋々やったのかは分からないが、下手すると時代を言い訳に出来てしまう。確かにロケが過酷だったと言うだけあって、北海道の自然は非常に美しい。また、アイヌの文化も相当力を入れて表現していると思えた。しかし、それらが『許されざる者』のリメイクで必要だったかは疑問である。李監督は、制作のきっかけとして、自分の表現したいことが『許されざる者』の「ようなもの」になってしまうと感じ、「のようなもの」になる位なら正当なリメイクをやろうと思ったと語っていたが、少しでも別の要素があるのなら、リメイクではなく別作品にするのが良かったと思う。それだけリメイクとは難しいものだと思う。
本家イーストウッドの「許されざる者」の大ファンでブルーレイも持っていて3,4回観ました。この作品もブルーレイを購入し観たのですが、アクションシーンが今一歩ですトイレで賞金首の開拓者を殺すシーンも、ニックき相手なので、もっと残忍に殺して欲しかったし、その仲間も1人、2人殺って欲しかった確か本家では仲間を1人くらい殺ったと思うのですが······そして何よりもラストの切り合いです佐藤浩市の殺るシーンはよかったのですが、他の仲間を殺る時はもっと切られるシーンをふんだんに見せて欲しかった例えば北野武の座頭一くらいの迫力があれば星5つものでした。音楽もラスト十兵衛が復讐に向かうときは悲しい曲ではなくもっと勇ましく、怒りがメラメラと燃え上がるような曲を選曲して欲しかったですストーリーが良かっただけに、とても残念です。
原作を読んで読み応えがあったので、映画に期待したのですが、やはり映画では時間的制約から情報量不足は否めません…しかしながら、映像の質は高かったと思います。
イーストウッド版は公開時に見て日本版も公開時に見ましたが再度ブルーレイディスクを購入して見た感想はリメイクとは思えないストーリー展開ですね数年ぶりに見て楽しめました。
ページの先頭へ
Copyright © The Japanese Academy of Clinical Periodontology. All Rights Reserved.