第二部,大菩薩峠,[DVD],1681円,mpscameroon.com,/hereat4712154.html,DVD , 日本映画 , ドラマ 日本産 大菩薩峠 第二部 DVD 1681円 大菩薩峠 第二部 [DVD] DVD 日本映画 ドラマ 日本産 大菩薩峠 第二部 DVD 第二部,大菩薩峠,[DVD],1681円,mpscameroon.com,/hereat4712154.html,DVD , 日本映画 , ドラマ 1681円 大菩薩峠 第二部 [DVD] DVD 日本映画 ドラマ

日本産 売れ筋ランキング 大菩薩峠 第二部 DVD

大菩薩峠 第二部 [DVD]

1681円

大菩薩峠 第二部 [DVD]

商品の説明

内容紹介

【解説・ストーリー】
泣くでなく、笑うでなく、悔やむでもなく。ただ冷々淡々と人を斬り、女にただれる虚無の人・机龍之介。剣と恋と、菩薩と夜叉と、彼の行く処、無極の波乱が待ち受ける。甲源一刀流・音無しの構えが発する血の匂いこそ宿命の呪文か。陰々たる殺気を孕んで、悪業の闇路に彷徨う宿命の剣鬼!!中里介山の世紀の大ロマンを内田吐夢・片岡千恵蔵の黄金コンビが放つ5時間30分の時代劇スペクタクル巨編!!

中里介山の「大菩薩峠」は、原稿枚数1500枚に及ぶ世界最大の大河小説である。魔剣“音無しの構え"に翻弄される無明の闇を遍歴する机龍之介を核に、多彩な人物が入り組み展開される大衆時代劇の最高峰。大正2年、都新聞に連載開始。机龍之介のニヒリズムが大正時代の風潮に切り込んで、たちまち大人気を博した。また龍之介の魔剣は、ドストエフスキー「罪と罰」の老婆を殺害するラスコーリニコフの斧と比較されたり、そのモデルは北一輝ではないかと論壇を賑わし喧伝された。その後掲載紙を変えながら断続的に昭和16年まで書き継がれるが、その壮大な作品は中里介山の後半生を呑み込み、41巻「椰子林の巻」を最後に未完に終わる。映画化は、昭和10年日活・稲垣浩監督、大河内伝次郎主演で1部製作されたが何故か中断して未完のままで、戦後、昭和28年東映で渡辺邦男監督、片岡千恵蔵主演で3部作を製作、初めて映像化された。そして昭和32年から24年にかけて再び東映で、巨匠・内田吐夢監督、名優・片岡千恵蔵の至宝コンビで1部、2部、完結篇の3部作で完全映像化。翌昭和35年、36年には大映で市川雷蔵主演、三隅研次監督・森一生監督で3部作が作られ、昭和41年にも宝塚映画で仲代達矢主演、岡本喜八監督で映画化されている。映画「大菩薩峠」を見た人の多くは、この内田吐夢の作品を最高としている。原作の持つ机龍之介はニヒルな青白い若侍とあり、その点では市川雷蔵の竜之助がスタイルに合っていると思われるが、しかし片岡千恵蔵の全身から発せれる妖気、凄まじい太刀さばき、下段に構えた殺陣の迫力は他の市川雷蔵や仲代達矢には見られない凄絶さがある。特に甲州の温泉宿で悪旗本・神尾主膳の配下を槍で倒す殺陣は日本映画史に残る名殺陣だと言われている。まさに絶賛を浴びた、内田吐夢のダイナミズムに片岡千恵蔵の迫真の演技が光る傑作時代劇スペクタクル巨編といえよう。

大菩薩峠 第二部
払えども消えず、斬れども倒れず。剣の幻影、血に渇く音無しの構え! 兇刃狂笑、劫苦の底に血を求める無明の剣鬼! 片岡千恵蔵畢生の名演で描く第二部!!危うく一命を取りとめた龍之介は、大和路で出会ったお浜と瓜二つのお豊に助けられて日を送るが、夫・金蔵を斬って大磯で眼を癒す。お豊は龍之介の治療費を得るため、旗本・神尾主膳に身を許し、その金を間(あい)の山のお玉に託して自ら命を絶つ。虚無僧姿に変えた龍之介は江戸へ向かう。その途中、龍之介は主膳の愛妾・お絹と道連れとなるが、お絹を狙うがんりき百蔵に谷底へ落される。それを救ったのが薬売りのお徳。かいがいしく世話するお徳の暖かい心に触れた龍之介は一度は人間らしい心をとり戻す。がそれも束の間、血に飢えた魔性が胸に湧き上がる。折しも甲府に着任した勤番・駒井能登守に私怨を抱く主膳に剣を見込まれた龍之介は、能登守暗殺を頼まれる。不気味に笑う龍之介。にわかに群烏が鳴き騒ぎ、甲州岳に山嵐が吹き荒れる。

【キャスト】
片岡千恵蔵、中村錦之助、東千代之介、木暮実千代、丘さとみ、浦里はるみ、沢村貞子、長谷川裕見子、加賀邦男、月形龍之介

【スタッフ】
原作:中里介山
企画:玉木潤一郎、南里金春
脚本:猪俣勝人、柴英三郎
撮影:三木滋人
音楽:深井史郎
美術:鈴木孝俊
監督:内田吐夢

【公開日】1958年4月公開

【スペック】
●映像特典
◆予告篇

DUTD02401/COLOR/本編105分/片面2層/1.主音声:モノラル/16:9LB(シネスコ)
v 【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

内田吐夢監督、片岡千恵蔵主演による時代劇シリーズ第2部。何者かに襲われて谷底へ突き落とされた机竜之助は、薬売り・お徳に助けられ一度は人間らしい心を取り戻すが、再び血に飢えた魔性が目を覚ましてしまう。“シリーズ”。

大菩薩峠 第二部 [DVD]

懐かしい物ということで、言いようがない。画質もそのままなのでちょっと残念(撮影時と言うよりその後かな)
第一部は1957年、二部は1958年となっているから、この作品は昭和33年に作られた。敗戦でマッカーサー司令官による進駐軍に統治されるのは昭和20年。戦後13年でまだ娯楽に飢えていた時代だから、最大の娯楽だった映画は、どことなく大衆を喜ばせ楽しませようとしている感がある。彼の独特の口調はファンにはたまらないだろう。内容的には二部が一番面白いと思う。この後に作られた市川雷蔵主演の大菩薩峠も見比べるとより面白くなる。正直なところ、最初にそれを見た時はストーリーも良くわからなかった。こちらを見てから市川雷蔵の方を見るとより楽しめる。
大映版と東映版ではストーリーがまるで違っている。大映版は竜之介とお浜を中心にして話は進んでゆくのだが,東映版ではお浜は神尾主膳に手籠めにされたのが原因ですぐに自害してしまう。その後竜之介の前に次々と女が現れるのである。東映版では竜之介と旗本・神尾主膳が話の中心になっている。神尾主膳の家来に槍を突き付けての千恵蔵節は凄味と迫力があり,さすが東映時代劇を代表する役者だと思う。その後の立ち合いも素晴らしいし,ずっと女の世話になってばかりいた竜之介がここでやっと真価を発揮してきたと言った所だ。片岡千恵蔵の竜之介は無頼の剣客と言った感じである。神尾主膳が上州国広作の名刀を竜之介に与え,その刀を抜いた時の千恵蔵の殺気はすごいと思った。第一部同様,街道の風景が美しいし街のセットも本物らしく見えて良い。次々と展開してゆくストーリー,鳴り物も多く,豪華絢爛たる東映時代劇と言った感想である。第一部同様ドラマを見るなら大映,時代劇なら東映と言った所だ。
視力を失ったところから話が盛り上がる!と父が申しておりました。父の日に贈ったら大変喜んで貰えました。

国民の皆様へ

口腔衛生習慣の改善により、日本人の虫歯は減少して きました。しかし、歯周病はあまり減少することなく、現在でも30歳以上の成人の約80%が歯周病にかかっており、歯の喪失原因の第1位になっています。

定期的な検診が、よい歯を作る近道です。当サイトでは、日本臨床歯周病学会に所属する歯医者さんを検索することができます。

お知らせ

2021年4月5日

理事長挨拶

ページの先頭へ
Copyright © The Japanese Academy of Clinical Periodontology. All Rights Reserved.