日本産 武士の献立 Blu-ray 日本産 武士の献立 Blu-ray 武士の献立,DVD , 日本映画 , ドラマ,mpscameroon.com,/havildar4712166.html,Blu-ray,2203円 2203円 武士の献立 Blu-ray DVD 日本映画 ドラマ 武士の献立,DVD , 日本映画 , ドラマ,mpscameroon.com,/havildar4712166.html,Blu-ray,2203円 2203円 武士の献立 Blu-ray DVD 日本映画 ドラマ

激安セール 日本産 武士の献立 Blu-ray

武士の献立 Blu-ray

2203円

武士の献立 Blu-ray

商品の説明

内容紹介

料理上手の"出戻り娘"が嫁いだのは、"でき損ないの包丁侍"
ふたりは本当の夫婦になれるのか?
江戸時代。“刀"ではなく“包丁"で、藩に仕えた武家。“料理"で動乱を乗り越えた、実在の家族の物語。
■大ヒット作『武士の家計簿』に続き、江戸時代の加賀藩を舞台に描くシリーズ第2弾。
御算用者(経理係)として藩に仕えた「そろばん侍」の家族生活を描いた,『武士の家計簿』(2010)(主演:堺雅人、仲間由紀恵)に続き、
君主とその家族の食事をまかなう役目として仕える「包丁侍」の家族を描く。
■上戸彩amp;高良健吾がフレッシュな夫婦を演じ話題に! 余貴美子、西田敏行、夏川結衣、成海璃子、柄本佑、緒方直人、
鹿賀丈史ら、個性あふれる豪華キャストも出演!
舟木家に嫁ぐ、抜群の味覚と料理の腕を持つ出戻り年上女房・春を、8年ぶりの映画主演となる上戸彩(『テルマエ・ロマエ』『おしん』)、
剣術の腕前は立つが料理の腕前はからっきしの包丁侍・安信を人気若手実力派・高良健吾(『横道世之介』『南極料理人』)、
舟木家の父・伝内役を西田敏行、その妻・満を余貴美子が演じる。
■昨年末、ユネスコ世界無形文化遺産に登録され注目の集まる"和食"
次々と登場する、おいしそうな料理も必見!
和食の基礎から饗応料理まで、春が伝授する様々な料理は目にも鮮やか! 加賀藩に実在した包丁侍・舟木伝内と息子
の安信が遺した献立書「料理無言抄」のレシピをもとに、江戸時代の武家や庶民の食べていた料理を忠実に再現。
『幸せのパン』『南極料理人』『かもめ食堂』、NHK朝ドラ「ごちそうさん」など近年人気のお料理ジャンルとしても楽しめる!
■六代藩主の死後、泥沼の政権争い「加賀騒動」の真っただ中を生きた包丁侍が、料理を通して家族力を合わせて難局を
乗り越える、実在の家族を描いた感動の物語。
ストーリー
優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となって1年で離縁された春(上戸彩)は、ひょんなことから加賀藩の料理方である
舟木伝内(西田敏行)に料理の腕を見込まれ「息子の嫁に」と懇願される。伝内のたっての願いで、息子安信(高良健吾
)のもとへ嫁ぐことを決意した春。舟木家は代々藩に仕える包丁侍の家。しかし、夫となる跡取り息子の安信は料理が大の苦手で、4つも年下!
春は、姑の満(余貴美子)の力も借りながら、必死に夫の料理指南を始めるが・・・。
映像特典
【セル・レンタル共通】
メイキング・予告篇・金沢観光PR映像(予定)
イベント映像集
封入特典
レシピカード(予定)
※商品仕様、特典等については変更となる場合がございます。
※写真はイメージです。 デザイン・仕様は変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

江戸時代、武士の料理人“包丁侍”の家に嫁いだ女性が家族と絆を深めていく姿を描いた人間ドラマ。料理の腕を見込まれ、加賀藩の料理方の家に嫁いだ春は、料理が苦手な夫に料理指南を始めるが…。上戸彩、高良健吾、西田敏行らが共演する。

武士の献立 Blu-ray

料理に興味ある人向けかも。小うるさいナレーションもなく、説明代わりの妙なセリフも無いところから映画は映画として楽しんだあとで、映画をみて知りたくなったところを確認したくなり本までKindleでダウンロードして読みました。 ストーリーの説明には読みやすい本がよかったのですが、やはりこの映画の醍醐味は料理場面。昔の台所はこういうふうにしてたのか~と思ったり盛り付け作業、二の膳、三の膳・・・七の膳!というのを知らなかったので、そのあたりとっても興味津々で繰り返し視ました。おかげでキッチンに立つのが楽しくなりました。ストーリーも面白かったですが、他の方のレビューを読んで、もしやこれは料理を実際にやってない方には面白さが伝わらないのかも?と感じました。主婦にこそ面白さが伝わる映画かも。 本と映画セットでみて感じたのは、『武士の役目』というものは一体何だろう?ということ。腰に刀を挿したまま料理する男たちの姿、あれ邪魔くさいだろうなと思いながらもあれもともとは戦いに出た武士たちが野外で料理する姿だったのかも。常に戦闘状態にありながら美味しいものを殿にさしあげるために料理する。和と戦がセットになっている包丁侍の姿、新しい視点をいただきました。  個人的には、武士は剣だ刀だと普段偉ぶっている安信が調理する鶏にこけここと話しかけられ、殺せずに困って迷ってとうとう逃してしまうというあの場面、とっても好きです。
連続テレビ小説とか時代ドラマとか、NHKで制作しているドラマシリーズとして作ればいいのにと思いました。料理上手の姉さん女房が、乗り気でない亭主の尻をぶっ叩いてどうにか料理番の仕事を回していくという内容なら人気を博すと思います。(今なら、あるいは今でも)なめた態度で仕事をし口を開けば愚痴ばかりの亭主に向かって女房がついにたまりかねて切った「つまらない仕事だと思ってやってるからつまらない仕事しかできねーんだよこのスットコドッコイが(意訳)」という啖呵には身に覚えのある男性諸氏もいらっしゃるのではないでしょうか(女性も)あの上戸彩に向かって言うに事欠いて古狸と言い放ち数々の横柄な振る舞いをする亭主には「この野郎……!」とか「んっまあああ!」とか観ていて度々ハンカチとか噛みたくなるのですが物語が進むうちに彼もただの甘ったれではなく時代に翻弄され望んだように生きることのできない悲哀と重圧を背負った男なのだと分かります女房に諭され感化され不器用に自分のすべきことを受け入れ変わっていく彼にも気づけば愛着がわいていましたできれば詳しい料理の解説なども挟みながらもっと長く彼らの台所を見ていたかったですね包丁侍としての使命と義に殉じる侍との間で苦悩する亭主と、政争に翻弄され彼らのもとを去っていく人々の背中は辛いものがありましたこの物語を映画の尺で語り切るには外せない要素ではあったのでしょうが、涙の混じった飯はやはり美味くはありませんし彼らにはやはり笑って料理し笑って食っていてほしいなと感じました序盤で出てきたあの汁物、食ってみたいですね
本編は悪くなかったが、その余韻をあっさりとぶち壊してくれるエンディングテーマ。北野武が座頭市のエンディングに凝って成功して以来この手の演出が増えた気がするが、今作に関しては完全に場違い。爽快感や奇抜さを演出したかったのかも知れないが、あの展開でCharaはないと思う。歌詞が全く入ってこないというか、ちょっと何言ってんのか分からない。あれなら能登の民謡でも流してもらったほうがよっぽどまし。
上戸彩のひたむきさがよく出ていて、素晴らしい。嫁でありながら、嫁のポジションを守り、言いたいことをきちんという。家にとって必要なことを理解して行動する。味覚に関して的確な判断ができる。相手の考えていることを読み取ることさえできる。味覚が正しいことが、料理の技術も上がるのだね。剣と包丁。武士であれば、剣が強い方がいい。包丁を馬鹿にする夫。嫁に毅然と批判され、勝負で負けてからは従順に、嫁に従う。素直だね。邪念がない。加賀家騒動に、巻き込まれながらも、包丁侍として、極めていく。美味しいということが、藩の誇りである。

株主様御優待お食事券及び株主様御優待割引券(※)
有効期限を延長いたします。

(変更前)2021年5月31日 → (変更後)2021年11月30日
(※)2020年5月送付分

株主様御優待お食事券及び株主様御優待割引券(※)
有効期限を延長いたします。
(変更前)2021年5月31日


(変更後)2021年11月30日
(※)2020年5月送付分