[DVD],243円,屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産>,/excessive4272412.html,DVD , 日本映画 , エロス,mpscameroon.com [DVD],243円,屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産>,/excessive4272412.html,DVD , 日本映画 , エロス,mpscameroon.com 屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> 買い物 DVD 243円 屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> [DVD] DVD 日本映画 エロス 243円 屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> [DVD] DVD 日本映画 エロス 屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> 買い物 DVD

屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> 買い物 メーカー直売 DVD

屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> [DVD]

243円

屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> [DVD]

商品の説明

内容紹介

灼熱の情欲に身悶える美女、二人 大ヒット作『失恋殺人』『D坂の殺人事件』に続く江戸川乱歩エロティックシリーズ第三弾! !
今度の美女は二人! 映画・グラビアで活躍する、木嶋のりこ、間宮夕貴がW主演で究極のエロス・シーンに挑む!

★初回限定版映像特典
劇場予告編/舞台挨拶映像/メイキング

【CAST】
木嶋のりこ(『ちょっとかわいいアイアンメイデン』)
間宮夕貴(『甘い鞭』) 河合龍之介
草野康太
松本若菜
矢部太郎
柳憂怜
近藤芳正
淵上泰史

【SATFF】
原作:江戸川乱歩「屋根裏の散歩者」
監督・脚本・編集:窪田将治(『失恋殺人』『D坂の殺人事件』)
撮影:西村博光

【INTRODUCTION】
木嶋のりこ(『ちょっとかわいいアイアンメイデン』)、間宮夕貴(『甘い鞭』)がW主演でオールヌード、セックスシーンに挑んだエロティック・ミステリー! !
宮地真緒『失恋殺人』、祥子『D坂の殺人事件』に続く江戸川乱歩エロティック・シリーズ第三弾! !
東栄館で起きた将来有望の若き医師の自殺。果たして自殺か他殺か! ?"
屋根裏の散歩者"郷田三郎と名探偵・明智小五郎の対決に絡む妖しき美女二人。
事件に隠されたおぞましくもエロティックな事件の真相とは! ?
日本推理小説界の巨星・江戸川乱歩。
乱歩作品でも屈指の人気をお誇る名作「屋根裏の散歩者」が遂に映画化!
大ヒットを記録した、
宮地真緒主演『失恋殺人』、祥子主演『D坂の殺人事件』に続き人気シリーズ第3弾が遂に登場!
今回の主演美女は二人! 『ちょっとかわいいアイアンメイデン』で可憐なヌードシーンを披露した木嶋のりこと、
『甘い鞭』で鮮烈なベッドシーンを演じた間宮夕貴。
オールヌードで、大胆なベッドシーンに挑み、特に3人でのセックスシーンは圧巻! !
共演は、『花宵道中』の淵上泰史、前作『D坂の殺人事件』に続き同じ役を演じる河合龍之介のほか、
近藤芳正、草野康太、松本若菜、柳憂怜など豪華出演陣が脇を固める。
監督・脚本は『失恋殺人』、『D坂の殺人事件』に続き三度メガホンを取る窪田将治。

【STORY】
名探偵・明智小五郎(草野康太)の元に大病院の令嬢である黒木直子(間宮夕貴)から婚約者・遠藤(淵上泰史)の浮気調査の依頼が舞い込む。
明智から浮気調査を頼まれた妻であり助手である文代(松本若菜)は遠藤の身辺調査を開始する。
そして遠藤が同じ東栄館に住む女子学生・大内照子(木嶋のりこ)と肉体関係にある事を突き止める。
一方、東栄館に住む、心に傷を負った青年・郷田三郎(河合龍之介)は下宿の屋根裏に忍び込み、
天井のふし穴から他人の生活を覗き見る事を愉しみとしていた。
そんなある夜、郷田は照子の部屋を覗くが、そこには遠藤に獣のように犯される照子の姿があった。
過去に愛した女性を男に犯された事がある郷田の眼に遠藤への暗き殺意が宿る。
そして、それは因縁ある名探偵・明智小五郎への挑戦でもあった。そして世にもおぞましい惨劇の幕が切って落とされる。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

木嶋のりこ、間宮夕貴がオールヌードに挑んだ江戸川乱歩原作によるエロティックミステリー。明知小五郎の下に黒木直子から婚約者・遠藤の浮気調査依頼が舞い込む。調査の結果、遠藤と肉体関係にある女子学生の存在が明らかに…。

屋根裏の散歩者アンリミテッド版<初回限定生産> [DVD]

まず画面が暗い。白黒映画かと思った。小説が書かれたのは大正14年なので、大正時代を見せるために画面をセピアにせざるを得なかったのなら、まだまだ力量不足。比較してはいけない作品だが、間の悪いことに鈴木清順のチィゴイネルワイゼンを見返した後だったので、圧倒的に大正時代を描く画力が違いすぎる。昭和の終わりの中野のボロアパートにしか見えない。脚本は悪くないと思う。しかし、役者たちがひどすぎる。特に男優たちは、まったく声が出ていない。ろくに発声も勉強していない役者は使うべきでない。第一シーンから、男優二人に期待が持てなくなった。間宮さんはすごく良かった。
男女の絡みのシーンがメインなのか?だとしても、まったく駄目。ドラマ部分の出演陣らの演技がまるで駄目。監督の演出力不足なのか?短期間撮影の為、妥協の選択なのか?セリフの掃き出しが、昭和映画全盛期の役者たちから比べるとまるでなってないし、総合的にアマチュア映画の演出。正直、こっちまで来ない。悪いけど男性陣も女性陣もまったく魅力無し。仮に同じ脚本で同じ絵だとしても出演者、監督を総入れ替えして撮ったとしたら?もっとマシな作品になってただろう。と真剣に思う。一度、鑑賞したら、2度目の鑑賞という気にはならない。
 日本出張の際にダウンロードしておいたものをバンコクの休日に鑑賞した。 「屋根裏の散歩者」の映画化は本作で5作目である。一つの原作でこれほど繰り返し映画化される例は寡聞にして知らない。なぜ「屋根裏の散歩者」がかように繰り返し映画化されるのか。そこに大いに興味をひかれた。 江戸川乱歩という作家は日本においては孤高である。エドガーアランポーから創ったというペンネームからしてもおどろおどろしい。実際本作だけではなく乱歩を原作とした映画は多い。彼のキーワードを自分なりに考えてみると、「犯罪」「畸形」「覗き見」「夜」「探偵」「昭和初期」等である。ここの単語を見ても色々なイメージが湧くが、それらを全て盛り込む形で創り出される特殊な世界というものがある。その世界が空前絶後である点で、僕は乱歩を「孤高」と言った。乱歩のある種の孤独がそこに見えてくるからだ。 本作も正しく乱歩の世界をなぞっている。後半の展開は、本作のオリジナルであろう。乱歩の世界には奇妙な静謐があると思っており、ラストの修羅場は、ややそぐわない。但し、本作の監督が、自分の解釈で付けた場面であろうゆえ、異論を言う積りもない。原作が多くの人の想像と妄想に火をつけてきている中である一つの妄想がこうであったというだけの話だ。 「屋根裏の散歩者」の次回の映画化はいつなのだろうか。いつなのかは想像が付かないが、きっと再度映画化されることには間違いが無いような気がする。 最後に、間宮夕貴の熱演には毎回ながら感心した。息長く頑張ってほしい
女優2人のヌードとエロスも、ひとつの売りだったようなので、その面で、ある意味凄い映画かと思ったけれどもヌードはあるが、それほどたくさんと言う訳でもなかった。時代背景からか、映像自体が大体セピア色なので、肌の色が綺麗に映っていない気もする。一応、木嶋のりこ と 間宮夕貴のヘ〇も、少しだけど見られたので、まあ良いかなと言った作品でした。(個人的な感想です)
創業40周年の誓い
Since 1981
Home is the best!

故郷ふるさとを20歳若くする

大好きな故郷ふるさと
小さくとも輝ける存在へ

Takeout & Delivery

フローラのテイクアウト・デリバリー

いつでも簡単・便利にネット予約!
待ち時間なしでお持ち帰り or
ご自宅などへお届けします!

企業提携について

様々な企業様と協力し合い、
地域の活性化に貢献しております。