人気 おすすめ 天地明察 DVD 人気 おすすめ 天地明察 DVD 2297円 天地明察 [DVD] DVD 日本映画 ドラマ mpscameroon.com,/epichorion4712357.html,[DVD],2297円,天地明察,DVD , 日本映画 , ドラマ 2297円 天地明察 [DVD] DVD 日本映画 ドラマ mpscameroon.com,/epichorion4712357.html,[DVD],2297円,天地明察,DVD , 日本映画 , ドラマ

人気 おすすめ 天地明察 DVD 再再販

天地明察 [DVD]

2297円

天地明察 [DVD]

商品の説明

内容紹介

本屋大賞第一位(2010年)に輝いた、冲方丁のベストセラー小説を映画化!

『おくりびと』で国内の映画賞を総ナメ、第81回米国アカデミー賞外国語映画賞の栄誉に輝いた、滝田洋二郎監督が岡田准一とタッグを組んで挑んだ最新作

日本映画界屈指の超豪華キャストが集結!

江戸時代、日本を縦断するダイナミックな天体観測があった! 歴史を大きく動かした一人のサムライの物語。

【ストーリー】
将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれたものの、出世も富にも興味がないまっすぐで不器用な男、安井算哲(岡田准一)。星の観測と算術の設問を解いている時が一番幸せで、自分の好きなことに熱中しているときは周りがみえなくなってしまう。仕事である囲碁に疑問を感じ、いつも真剣勝負の場に身を置いていたいと願う熱い思いを心にひめていた。将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は、そんな算哲を見込み、800年にわたって使われていた暦の誤りを正し、新しい暦を作る大計画のリーダーに抜擢する。これには、大きな難関がふたつ待ち受けていた。ひとつは、日本全国で緻密な天文観測を実施すること。ふたつめは、古来の暦を重んじている朝廷に新しい暦を認めさせること。数々の挫折にも負けず、持ち前の誠実さとひたむきさで果敢に立ち向かっていく算哲。頼 もしい師や友人、そして愛する人に支えられ、決してあきらめない男・算哲と皆の夢をかけた、果しなき挑戦がはじまる―。

原作:冲方丁(うぶかた・とう)「天地明察」(角川書店刊)
監督・脚本:滝田洋二郎 (『おくりびと』『バッテリー』)
脚本:加藤正人(『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』)
音楽:久石譲 (『悪人』『おくりびと』)
撮影:浜田毅 (『おくりびと』『椿三十郎』)
照明:安藤清人 (『人間失格』『火天の城』)
録音:小野寺修 (『おくりびと』『ハナミズキ』)
美術:部谷京子 (『チーム・バチスタの栄光』『容疑者Xの献身』
編集:上野聡一 (『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』)

【キャスト】
安井算哲:岡田准一/村瀬えん:宮﨑あおい/水戸光圀:中井貴一/保科正之:松本幸四郎/村瀬義益:佐藤隆太/関孝和:市川猿之助/建部昌明:笹野高史/伊藤重孝:岸部一徳/安藤有益:渡辺大/山崎闇斎:白井晃/本因坊道策:横山裕/宮栖川友麿:市川染五郎

【映像特典】 特報・予告編

*商品の内容、仕様等は変更の可能性があります。ご了承下さい。

© 2012「天地明察」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

岡田准一と宮●崎あおいの共演で、江戸時代に日本独自の暦作りに挑んだ実在の人物・安井算哲の生き様を描く時代劇ドラマ。星の観測と算術が大好きな青年・安井算哲は会津藩主・保科正之によって、新しい暦を作るという一大計画のリーダーに抜擢される。

天地明察 [DVD]

原作小説既読です。ネタバレ&辛口になります。上下巻を駆け足で駆け抜ける作品なので大部分カットされるのだろうとは思っていましたが…元々フィクションですし、私は作中の出来事について執着はしないほうです。ただ作品の根幹である主人公のキャラ造形が大幅に変わるのは残念です。まず、視覚的にいろんな観測設備を確認できたのは良かったです。原作の補足としてとても参考になりました。次に残念な点を。※以下原作&映画のネタバレ続きます原作において春海は曖昧な位置に自分を置き、大人しい性格でふわふわしています。また、和算の天才関孝和には到底及ばない為、崇拝と言っても良いレベルの敬意を示しています。天才に敵わないからこそ天文・暦に没頭します。また失敗を繰り返し、そのたびクヨクヨと落ち込みます。この映画では水戸光圀に食ってかかる天才熱血漢のように描かれていました。邦画は本当こういう怒鳴って自分の正義を主張するシーンが好きですね。原作では「勝負の場で感情を露わにするのは囲碁の打ち手として駄目」といった趣旨の記述もあり正反対です。(ちなみに水戸光圀にいつ斬って捨てられか常にオドオドしています。)妻えんに対して「先に死んでくれるな」と言うシーンがあります。原作では、前妻が懸命な介護にも関わらず早逝した結果のセリフでした。前妻部分は全部カットされているので、さだまさしの関白宣言みたいなキャラになってましたね。今のLGBTなんて単語が行き交う時代にこの造形はどうなんでしょうか。動機の部分は引っこ抜いて、上っ面のセリフだけ引っ張るのは残念です。ラストも派手な観測によって暦の正しさを証明し終わりました。映画だから見栄えを優先したいのは理解できるのですが、原作では囲碁の打ち手らしく、朝廷に対し工作を施し、相手の陣地を削るように大逆転を成し遂げます。邦画のマンネリ化は、あるのか無いのかよくわからないマーケティングの定石と、キャスティングのイメージを優先して原作を無視する所にあると思います。それが売上を落とし、キャスティングで客を呼ぶ現状を作ってるのではないでしょうか。保身という自縄自縛に陥っている気がしないでもありません。ちなみに原作では、主人公は囲碁の定石とはかけ離れた初手天元を打つなど、定石の効能は認めつつも、そればかりのお城碁を嫌ったのが大事業に接する契機でした。また、お城碁のプロレス化が囲碁を衰退させるからガチンコやろうぜ!という展開もあります。邦画界とは正反対で相性は悪かったですね。原作ファンとしてはとても残念です。
史実の人物を描いた小説が原作です。1600年代の日本に天文学に興味を持った若者がいたというところから話が進み,当時の和算学者の関孝和の登場し,当時の外国から得て使用していた暦を買えるという偉業を成し遂げるサクセスストーリとなってます。知らべると小説をかなり端折っていたり,実際の史実とはかなり創作の部分があるようです~ただ,西洋では聖書の影響から,天動説と地動説で宗教裁判やっている時代に,日本では地動説が当たり前だったということ。そして何よりも恐ろしいのは,海外の数学者と引けを取らない天才数学者がいたという事実ですかね~だって,この主人公は地球儀と天球技を作っているのですから・・・「嘘でしょう?」です。星3つ。主人公を岡田が演じていいのかはよく分かりませんが,普通にカッコいい主人公役を演じてます。実際には,このサンテツという人物は学者としてと同様に囲碁の腕も相当らしい。熱血だけの研究者というだけではなく,色々と策士としての戦略家でもあったのではないかと個人的に思いました。400年前に,計算と観測により,この日本でもガリレオ等に負けないくらいの学者がいたという事実に感動を覚えます。現代人が過去の人間よりも優れているなんて言う考えは,まさに”思い上がり”でしょう。
角川映画にしては珍しく正統派の時代劇俳優さんが多数でてらした。もっとも 髪型言葉は噴飯ものでしたが(イントネーションが不自然すぎる)水戸光圀の料理も首をかしげましたが・・・演出の糸がわからなくもない中井貴一さんが趣味に走ったのか 演出家がアホすぎたのか 織田信長のおはご「人生50年」をやってらしたのは笑ってしまったとまあ へんなとこは多々あれど「おめでとうございます」と太神楽を連想させる声が1回だけでてきたのは 尾藤さんや笹野高史さんが出演していらしたからでしょうか??主役の方が そういう先輩たちのマネっこを映画の中でお粗末にやっていたのが興覚めだった悪乗りしたのか尊敬の念がかんじられない><あおいさんは 相変わらず素敵ですねそして 中井さんといえば真田さん今回はナレーター役で登場とまあ 逸材をそろえながらも みんなわき役におしやって 何で若手ばっかでばっているのかやっぱり角川映画だなぁ・・・まだ10年前なら 之だけの俳優さをそろえられたのに 無駄遣いしてもったいない映画でもありました☆5はこの映画に出演した正統派の時代劇俳優さん達に捧げます
この映画はサブスク・プレミアムのサービス企画になっており有難く鑑賞できました。個人的ながら、私は最近もサブスクの便利さから、あれこれと多くの少し前頃の「古き日本映画」に感動しつつ暮らしております。この度、最近の日本映画は「たそがれ清兵衛」のあれからあまりみていないと思います。「~清兵衛」はすごくよかったのにもかかわらず。。清兵衛・真田広之さんは今回ナレーターに当たられていたのもなつかしきご縁。今回「天地明察」は、私は以前、本を一度手に取った(本屋大賞で、冲方丁原作) ことがありましたが、分厚い本でこちらの読書力がなくすぐあきらめたことあり、丁度是非に映画にたよりたい気持ちがしました。主演の岡田准一さんは、実際の映画館で見たものはー「海賊とよばれた男」「追憶」他もう一つ? 特に岡田さんを目当てしていたワケではありませんでしたが、縁あって(「海賊ー」はわが近くの関門海峡が舞台のひとつ)見ていましたその都度、岡田さんは俳優としてもどれにも合い、すばらしく感じておりました。今回、も同じく。それにしても、この映画の最後ごろけっこうドキドキしましたね、背景のいろいろ道具、大勢のエキストラー現代映画も大したもの という感想です。2012年公開「天地明察」興行収入は9億1000万だったらしいです。今回は、映画の中の大掛かりな天体観測の道具といい、私はめずらしく費用など特に気になったこの滝田監督映画。~損されなかったかなぁ監督・滝田洋二郎氏。 ~以前私は、陰陽師(2001年)を拝見しています、もちろんよかったのはいうまでもないところです。

日本産婦人科医会は信頼される、安心と安全を目指した産婦人科医療を推し進め、母子の生命健康の保護と女性の健康の保持・増進に取り組んでいます。

カテゴリ別新着

女性の健康Q&A

JAOG Q&A

アクセス

Access

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町14番地 市ヶ谷中央ビル4階
TEL:03-3269-4739 FAX:03-3269-4730