[DVD],武士道残酷物語,/emboitement4712159.html,mpscameroon.com,1833円,DVD , 日本映画 , 時代劇 [DVD],武士道残酷物語,/emboitement4712159.html,mpscameroon.com,1833円,DVD , 日本映画 , 時代劇 1833円 武士道残酷物語 [DVD] DVD 日本映画 時代劇 1833円 武士道残酷物語 [DVD] DVD 日本映画 時代劇 武士道残酷物語 DVD 未使用 武士道残酷物語 DVD 未使用

武士道残酷物語 往復送料無料 DVD 未使用

武士道残酷物語 [DVD]

1833円

武士道残酷物語 [DVD]

商品の説明

内容紹介


【解説】
中村錦之助と名匠・今井正監督が、南条範夫の原作をもとに日本人に根強く残る武士道精神の系譜を、江戸時代から現代までの七代七つのエピソードで綴り、血塗られた忠義の歴史を異常残酷なタッチで描いた話題大作。
ある建設会社に勤めるサラリーマン・飯倉進の婚約者・人見杏子が、睡眠薬で自殺を計った。その知らせを受けた進は、先祖の日記にかかれた世にも残酷な歴史を思い出す。そこには、己を犠牲にして主君や国家に仕える武家・飯倉家代々の話が記されていた。主君を庇って切腹した次郎左衛門、侍の忠義を守り割腹自殺した佐治衛門、不義の責任を問われて男根を去勢された久太郎、老中へ愛娘を献上した修蔵、日清戦争で戦死した進吾、第二次世界大戦で特攻隊員の任務を果たした進の兄・修…。そして今、会社と出世の為、ライバル会社に勤める杏子を利用し、彼女を自殺へと追いやった進。彼は、自分が飯倉家の残酷な歴史を繰り返そうとしていることに気付き、愕然とした──。
中村錦之助が、江戸時代の武士から現代のサラリーマンまで、七代に亘る飯倉家の主人公に扮して力演する他、有馬稲子、三田佳子、丘さとみら共演陣も好演。今井監督の冴え渡る演出で、見事、第13回ベルリン映画祭金熊賞を受賞した傑作。

【キャスト】
中村錦之助、有馬稲子、丘さとみ、岸田今日子、渡辺美佐子、三田佳子、河原崎長一郎、沢村精四郎、松岡紀公子、山本圭、佐藤慶、織田政雄、西村晃、加藤嘉、柳永二郎、東野英治郎、江原真二郎、木村功、森雅之

【スタッフ】
原作:南条範夫
企画:辻野公晴、小川貴也、本田延三郎
脚本:鈴木尚之、依田義賢
撮影:坪井誠
音楽:黛敏郎
監督:今井正

【公開日】1963年4月公開

【スペック】
●映像特典
◆フォトギャラリー
◆予告

DUTD02308/B/W/本編122分/片面2層/1.主音声:モノラル/16:9LB(シネスコ)

【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

名匠・今井正監督が血塗られた忠義の歴史を残酷なタッチで描いた異色作。建設会社のサラリーマン・飯倉進の婚約者が睡眠薬で自殺を計った。その知らせを受けた進は、先祖の日記に書かれた世にも残酷な歴史を思い出す。“シリーズ”。

武士道残酷物語 [DVD]

内容的には文句ない秀作です。難を言えば、鑑賞中、画像が微妙に左右に揺れている点が気になります。
概略は説明書きの通りで、観れば判る映画。ラストはとりあえず多少の救いがあったが、「組織=神」「主君=上司=絶対者」という根本原理はいまだ日本社会の通底にあるとおもう。武士道の二面性や絶対者といっても結局自分のエゴだろうという自明の理についても、考えさせられる。(外国人に日本社会や日本企業についてプレゼンする時にも使える作品かと。) なお、評者のイチ推しは第4エピソードの修蔵。最後はさすがにキレて爆発するに違いない、そうしてくれよ、と思ったが、あの展開は陰惨極まりない。観終わって、丸山眞男の『忠誠と反逆』をふと思い出した。
この映画は学生の頃に川崎の名画座で観ている。観終わった時は暗澹とした気分で劇場を後にした記憶があり、気が滅入るような映画である。飯倉家が被った悲惨な歴史が延々と描かれる。どんなに虐げられようが只管主君に尽くそうとするその姿勢は、現在では形を変えて国家や社会、企業や組織の繁栄を願い、その為なら服従も厭わない我々と何ら変わっていない。本来武士道は侍の倫理や道徳を体系化した規範的意味合いが強い。だが時の権力者はその武士道の基本理念である忠義や忠誠を統治手段として利用し、精神的上下関係による管理体制を作り上げた。主君の強大な権力という庇護の下で家来は只管奉仕する事を求められる。主君安泰なら御家も存続できるという依存体質が滅私奉公のような従属関係を生み、それが自虐の遺伝子のように何代にも渡って引き継がれる。これが忍耐という日本人特有の精神構造となって今日まで来ている。個人の思惑など無視された挙句、情け容赦無い厳命が下る。為政者にとってこれほど都合の良い制度は無い。監督はそんな飯倉家を通して忍従志向の本質を暴きたかったのではないか。忍耐など美徳ではなく単に隷属意識を高めるだけであり、そこに何の意味が有るのか。自分を大事にせよ。それが言いたかったのだろう。だがそこにはリスクが伴い実践するのは難しい。最終的には安定を求めてしまうのが日本人なのだ。ラストでようやく主人公は抵抗の意思を示し自分達だけで式を挙げる決意をするが、これとて幸せに結び付くという保証は無い。彼は婚約者をスパイとして利用している。バレたら一転して社会的非難を浴び、会社の犠牲となって抹殺される運命を暗示しているように見える。先祖代々受け継いだ被虐の歴史からは逃れる事はできない。それが飯倉家なのだという印象が強い。先祖は犯罪を犯してはいない。それでも理不尽な仕打ちを受け続けてきたのだ。彼は上司に唆されたとはいえ犯罪を犯している。これで平穏無事に収まるはずがない。【雑感】各エピソードで際立つのは権力者の異常性である。江原真二郎が演じた残虐趣味の殿様は、その常軌を逸した残忍性に陶酔している。他にも森雅之演ずる男色趣味の性癖がある殿様も異様である。周りの者も恐れをなして誰も諌める事ができない。このような異常な殿様は『13人の刺客』のような形で秘密裏に暗殺してもらいたい。おっともう1人いたぞ。明治になって零落した貴族(子爵)を演じた加藤嘉。この人物もやはり気が触れており美人を視るとオスの本能が抑えられない困った人で、これが本当に気色悪い。女性なら避けて通りたいところだ。そんな異常とも思えるような歴代の主人に先祖代々仕えてきた中村錦之助が1人7役に扮して憐れになる位に見事な演技を見せる。その甲斐あって彼はこの映画でブルーリボン賞の主演男優賞を受賞している。
明白なネオ・リアリスモの影響など署名性の濃い他の今井作品に比して、封建社会における下級武士の出口なき輪廻という、ある意味革新党員にとってまたとないプロパガンダ映画の機会とも思える題材を得ながら、見るものには娯楽映画から得られるカタルシス以上のメッセージ性を感じさせず、意外にあっさりした娯楽映画に纏め上げたのは流石というほか無い。ベルリン映画祭グランプリも当然であろう。現代の悲劇の原因はほんとに自分の不行き届きのせいなのか、否ことの因果とはそんな浅いものではない、という考察から始まる物語は一気に戦国時代に遡り、そこから七代に亘って脈々と続く下級武士の滅私奉公とその立場ゆえに繰り返される悲劇をなかばコミカルにカリカチュアライズした作品は、しかし一方でキャメラという常に第三者的な装置の限界を逆手に取るかのように、ひとりひとりの人間の限界を冷徹に見つめる視線を貫き徹すのでもある。主人公の先祖が下級武士というのも微妙によそよそしい設定である。というのも戦中戦後を通し日本人がそのアイデンティティのよりどころとしてきた武士道は、下級といえど特権階級であり、感情移入しながら見つめる視線の持ち主つまり庶民階級の最大出自(農民や町人)とは違う時代精神に包まれていたはずだからだ。人間として生きる悲哀を描きながらリアリズムではなくリリシズムにとどまる印象をこの映画に持つのは、実はソコにこそあるのかもしれない。つまり(非常にトリッキーな言い方だが)日本人である我々のある種共通の過去、ダレでも知っている「歴史」を援用しながら、まるで外国の映画を見てるかのような、上品さといってもよいほどのよそよそしさが最後まで漂うのだ。なを☆が4つなのは作品にでなく商品化に問題点があるからだ。DVD自体の画質は非常に悪いようだ。オレが見た京都文博所蔵の一本もベストとは言えないがDVD版よりはかなりマシであった。
PC表示に切り替えるスマートフォン表示に切り替える

新たな感染症を踏まえた歯科診療の指針

国民のみなさまへ
(新型コロナウイルス感染症について)

歯科医師のみなさまへ
(新型コロナウイルス感染症について)