影武者,DVD , 日本映画 , 時代劇,[東宝DVDシネマファンクラブ],mpscameroon.com,1924円,/contraceptionist4712319.html 影武者 東宝DVDシネマファンクラブ セール価格 1924円 影武者 [東宝DVDシネマファンクラブ] DVD 日本映画 時代劇 影武者,DVD , 日本映画 , 時代劇,[東宝DVDシネマファンクラブ],mpscameroon.com,1924円,/contraceptionist4712319.html 1924円 影武者 [東宝DVDシネマファンクラブ] DVD 日本映画 時代劇 影武者 東宝DVDシネマファンクラブ セール価格

無料サンプルOK 影武者 東宝DVDシネマファンクラブ セール価格

影武者 [東宝DVDシネマファンクラブ]

1924円

影武者 [東宝DVDシネマファンクラブ]

商品の説明

内容紹介

東宝DVDシネマファンクラブ キャンペーン第一弾

第一弾は、黒澤明監督作品、戦争映画、金田一耕助シリーズ、特撮シリーズ、若大将シリーズから計42作品をリリース! !
勇壮にして壮烈。華麗にしえ絢爛・動乱の戦国を巨大なる幻が行く― カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品

監督:黒澤 明 脚本:黒澤 明/井手雅人 出演:仲代達矢/山崎 努/萩原健一/倍賞美津子/桃井かおり/大滝秀治/根津甚八/油井昌由樹 他

カラー/179分/ビスタ/音声14chステレオ/字幕:日本語/1980年

【映像特典】特報・予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

黒澤明が武田信玄の死の謎と武田家滅亡にまつわる物語を描いた超大作。「我が死を3年隠せ」という遺言を残した武田信玄。重臣たちは信玄の死を隠すため、盗人を影武者に仕立て上げる。

影武者 [東宝DVDシネマファンクラブ]

中一で映画館観賞して以来です。43年前の記憶と検証しながら、とても感慨深かったです。映像もさる事ながら、音楽がとても素晴らしいです。倍賞美津子さん、桃井かおり さん、から笑いを取るシーンで、当時の映画館も笑いの渦に包まれていたのを思い出しました。傑作です。
映像美、様式美が凄い。ただカゲが、何で信玄に心服したのか、それの説明が無い。唯一の欠点です。
相変わらず、と言えるほど黒澤作品は見ていない。全30作を今年中にみようと思っている。馬と歩兵の人海戦術を写し画面は迫力がある。ただしそれが戦闘にどう関わっているかわからない。物量作戦を実際にやってみてそれを記録しています、という印象。実際やってみて撮影できないところは画面にしていない。鉄砲隊に打たれる騎馬兵。黒い馬から落ちる影武者。それがみたいのに、それはできなかったので画面になっていない。これは黒澤が意識して取らなかったのではなく、実際にできないので撮らなかったのだ。要は実物の迫力が黒沢の頼みの綱。画面は恐ろしくきれいで決まる。しかしこの物語は、おもしろくなるところが、遠くで見る舞台劇のようでまるで映画的じゃない。それが「芸術的」な効果を生んで外国人の評価が高いのだろう。四十年経ってみると、勝新の代役が仲代達矢(つまりは勝新の影武者ね)になったなどという事情とはほぼ無関係に鑑賞できた。相変わらず夢のシーンがまるで夢っぽくなく、作り込んだ抽象的な背景セットの前で一人悪夢の演技をする仲代達矢を見ることになって、まるで夢を経験することができない。(フェリーニ、8と1/2の冒頭の夢と比べれば明白)映画の中の時間が実際の時間。これが実物主義で事実の事物ほど人を打つものはない、とかたくなに信じているようだ。ドキュメンタリーの手法でファンタジーをとる無理筋の方法だと思う。それがつまりは相変わらずの黒澤映画。
大河ドラマで合戦の場面がない、あってもしょぼいと言われだして久しいです。邦画でも同じでしょう。本作のスケールにただただ圧倒されました。これは映画館のスクリーンで見たかった。大河ドラマも邦画もこのような大作を作ることはもはや不可能じゃないかな。NHKオンデマンドにてBSの「アナザーストーリーズ」という番組の、「天才激突! 黒澤明VS勝新太郎」の回を見まして、勝新太郎が降板した経緯を知りました。それで本作に興味を持ったのですが、3時間の超大作ということで躊躇していました。前に見たオリバー・ストーン監督の「JFK」ディレクターズカット版もそうとうに長くて、膨大な登場人物とセリフの理解に難儀したものだから。ところが本作は、登場人物は多いもののセリフの量は少なく、聞き取りやすいし、ストーリーも簡単だったためか、時間が苦にならずに見られました。それはつまり、豪華でリアルな戦国絵巻を遠くから眺めているようで…人間どうしのドラマは薄かった。勝新太郎で見てみたかったですね。勝新の方が貫禄と愛嬌があり、信玄と影武者のメリハリがついて画が締まると思ったので。ショーケンは声が悪く早口で、本作でただ一人セリフが聞き取りにくくて、根津甚八の方がよかったように感じました。信長はまあよし、家康はちょっと素人臭い、森蘭丸はせっかくの大作映画なのだからもっとハッとするような美少年がよかった。仲代達矢演ずる影武者の心の動きが説明不足で、再び影武者を志願した理由(後から信廉の説明セリフがあったけど)、最後の突撃の理由がどうも…。感情移入できませんでした。あと、「乱」もそうだったけど、本作も死人みたいな青白いメイクが不自然で引きました。
CATEGORY

主要カテゴリーから探す

SHOP

店舗から探す

SERIES

人気シリーズから探す

RANKING

ランキングから探す

REVIEWS

最近評価されたクラブをチェック!

FEATURE

特集から探す

ゴルフドゥ!からのお知らせ