DVD , 日本映画 , ドラマ,mpscameroon.com,許されざる者,1904円,[DVD],/contraceptionist4712219.html 『1年保証』 許されざる者 DVD 1904円 許されざる者 [DVD] DVD 日本映画 ドラマ 1904円 許されざる者 [DVD] DVD 日本映画 ドラマ DVD , 日本映画 , ドラマ,mpscameroon.com,許されざる者,1904円,[DVD],/contraceptionist4712219.html 『1年保証』 許されざる者 DVD

1年保証 許されざる者 登場大人気アイテム DVD

許されざる者 [DVD]

1904円

許されざる者 [DVD]

商品の説明

内容紹介

日本最高のスタッフamp;キャストが、米アカデミー賞最優秀作品を再生。
伝説の「人斬り」が、再び刀を抜き放つ―。

世界が注目する日本映画、誕生。
ハリウッド×李相日×渡辺謙
日本映画界が、動いた――! 世界最高の一 本に日本最高のスタッフとキャストが集結した。
日本映画史上最大の、このプロジェクトを突き動かしたのは、クリント・イーストウッド監督・主演の伝説的名 作『許されざる者』。
第65回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、最優秀作品賞をはじめ4部門を受賞した映画史に残る最高傑作が、2013年秋、日本 映画となって再生する!
監督は、『悪人』『フラガール』の李相日。かつて黒澤明の『用心棒』に感動したイーストウッドが『荒野の用心棒』に主演し、稀代の名作にもうひとつの命を与えたように、
イーストウッドの『許されざる者』に射抜かれた李相日が、この世界最高峰の作品に、新たな命を渾身で注ぎ込む。
キャストは、渡辺謙、柄本明、佐藤浩市。今の日本で最高といえる俳優陣を、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、ジーン・ハックマン にぶつけて
引けをとらせないばかりか、名優たちをして、さらなる演技の頂点を引き出した。共演は柳楽優弥、忽那汐里の若手に加え、小池栄子、國村隼らによる妥協なき布陣。
ぶつかり合う魂の応酬が、かつてない胸の震えを突きつける。


男たちの覚悟が、女たちの意地が、感情の臨界点を超える。
舞台は1880年、北海道。主人公は、幕府軍の残党で、かつては〝人斬り十兵衛〟と恐れられた男。愛する妻と出会い、刀は棄てたはずだった。
しかし、妻亡 き後、幼い子供たちと極貧の生活にさらされる日々のなか、昔の仲間が〝賞金首〟の話を持ってやって来る。客にずたずたに切り刻まれた女郎が、
街を牛耳る暴 力的な支配者に逆らって、自分たちで貯めた金を賞金に敵を討ってほしいと懇願しているというのだ。自分のためなら二度と手にすることの
なかったはずの刀を、男は再び抜き放つ。それゆえに背負うことになる罪も、痛みも、孤独も、すべて黙って引き受けて。
子を思うとはかくも切ないものなのか。女たちの誇りとはかくも気高く残酷なものなのか。友を弔うとはかくも凄まじい所業なのか――。
強くもあり、弱くもあり、美しくもあり、醜くもある人間の、最後の祈りに、心が、震える。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『フラガール』の李相日監督がクリント・イーストウッド監督・主演の名作『許されざる者』を渡辺謙主演でリメイク。かつて「人斬り十兵衛」として恐れられた男は、刀を捨て極貧生活を送っていたが、昔の仲間から賞金首の話を持ち掛けられ…。

許されざる者 [DVD]

時代劇と西部劇の親和性は今更いうまでもないことですが、さほどに違和感はない。日本版リメークとしていい味が出ていると言っていいでしょう。ただ、あまりに銃器の出番が多く、残念である。そこはせっかくなのだから刀や投げものでやってほしかった。時代的にあってもおかしくはないが、相棒がスペンサー銃の名手といわれても、どうもねぇ? 荒野の七人の劇中、刀で斬りかかるなんて事はしなかった訳でしょ?それから、保安官の役は絶対に國村隼でしょう。佐藤浩市と役を入れ替えるべきでした。というのも、佐藤浩市がどこかいい人に見えるんですよ。恨まれて殺されるほどとは思えない。同時に、女郎の顔面を切った二人にしても、さほどの罪かと。賞金首になったとしても、当時の時代背景からして「女一人を八つ裂きにして殺した(という噂になっている)」ことが、憎むべき程のことになるとは考えにくいし、人斬り稼業をしていた賞金稼ぎどもが感情移入するほどのことでもない。むろん金目当てだから動くとも言えるが、動機としては薄い。というのは、渡辺謙が自身の過去に対して悔恨の念を持っているとしても、目先の金目当てで動く軽薄さがある限り、もっと短絡的な人間像であるべきで、思慮深すぎて、こちらも「かなりよい人」に映ってしまう。劇中でも謙さんの行動が「やむを得なかった」的な演出が成されているのは、渡辺謙を徹底的に汚す覚悟が監督になかったからではないだろうか。そして劇中にはしばし挿入されるアイヌ民族問題は、方々で書かれているようにまるで不必要にもかかわらず執拗に描かれている。これ、実は1960年版の「許されざる者」のオマージュを含んでいるのではないかと思わせられる。そんなサービス精神いりません。アイヌ問題を扱いたいなら、別の作品をもう一本用意してもいいでしょう。クライマックスの殺陣は一秒で一人斬り殺すくらいのダイナミックかつスピーディな問答無用の惨殺で、人斬り十兵衛の恐ろしさと狂気、まさしく許されざる者を演出すべきでした。ここはカタルシスを感じさせなきゃいけないところです。あれではどこに行くより、そのままお家に帰りそうな気がします。
まず第一に映像が重すぎてもたれる。深刻ぶった作りは、いかにも「賞狙い」。そのくせ、よく見てゆくと中身は空っぽで、エンターテイメントでもない。本家ハリウッドのイースツッド作品くらいの軽さが、この原作にはちょうどよい。日本人の変な凝り方が、うっとうしい胃もたれ作品。かつて五社英雄という凡才監督がいたが、その人がこういうタッチの絵作りが好きだった。小津安二郎のような、どこかサラリとした感性の監督は、もう出ないのか。
オリジナルのクリントイーストウッド作品のファンです。この映画の翻案にあたり、原作の生死感から日本人の生死感への変換が難しかったと思うのですが、冒頭のシーンと最後の殺陣の白世界・黒世界の対比というアイデアが素晴らしいです。テーマとして「野生に生きるものは自分の生命が脅かされた場合のみ他のものを殺す」と置いて、全体の3/4の位置で、堕ちた金吾とアイヌの青年が十兵衛の命の一部に組み込まれる過程を描いてみせると、終局の殺陣が、「十兵衛の命を脅かしたが故に殺されるものたち」を描くことになり、冒頭の雪原の殺陣と重なります。しかし、それでもやはり「許されざる者」であるため、2度と元の世界に戻れない十兵衛。AmazonのリコメンドAIが、この作品を観たあと、日本の時代劇・剣客モノをお薦めして来るのはデジタルの愚かさでしょうか。この作品と繋がるのは、「ノーカントリー」や「大砂塵」またはマカロニ・ウェスタンのいくつかの名作だと思っています。
クリント・イーストウッド主演・監督の「Unforgivened」をカバーした作品。舞台を北海道に移し、日本を代表する役者さん(渡辺謙、佐藤浩市など)を使っています。生活のために賞金首を殺しに行くというストーリーは変わりありませんが、主役が旧幕府型の落ち武者であるとか、キャラクターの設定に工夫が見られます。主人公の亡くなった妻がアイヌであったり、アイヌの若者が途中で仲間に加わってくるので、アイヌ語の会話がところどころで聞かれるのが個人的には食いつきどころでした。いかんせん、全体の感動(音楽もふくめ)は、原作に及ばない。イーストウッドのすごさを再確認しました。
CATEGORY

主要カテゴリーから探す

SHOP

店舗から探す

SERIES

人気シリーズから探す

RANKING

ランキングから探す

REVIEWS

最近評価されたクラブをチェック!

FEATURE

特集から探す

ゴルフドゥ!からのお知らせ