1470円 大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転> 通常版 [Blu-ray] DVD 日本映画 ラブロマンス 1470円 大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転> 通常版 [Blu-ray] DVD 日本映画 ラブロマンス 大奥,<男女逆転>,DVD , 日本映画 , ラブロマンス,~永遠~,mpscameroon.com,[Blu-ray],1470円,通常版,/chromatoptometry4712326.html,[右衛門佐・綱吉篇] 大奥 ~永遠~ 右衛門佐 綱吉篇 <男女逆転> 通常版 Blu-ray ふるさと割 大奥,<男女逆転>,DVD , 日本映画 , ラブロマンス,~永遠~,mpscameroon.com,[Blu-ray],1470円,通常版,/chromatoptometry4712326.html,[右衛門佐・綱吉篇] 大奥 ~永遠~ 右衛門佐 綱吉篇 <男女逆転> 通常版 Blu-ray ふるさと割

大奥 現金特価 ~永遠~ 右衛門佐 綱吉篇 <男女逆転> 通常版 Blu-ray ふるさと割

大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転> 通常版 [Blu-ray]

1470円

大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転> 通常版 [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人
スケールアップした壮大な【男女逆転 大奥】続篇プロジェクト、最終章!
堺 雅人、菅野美穂 主演 豪華キャストで贈る、大型時代劇エンターテインメント!

■【男女逆転 大奥】プロジェクト最終章!
映画・男女逆転『大奥』(主演・二宮和也)、TVドラマ「大奥~誕生[有功・家光篇]」(主演・堺雅人、多部未華子4/24DVDamp;Blu-ray発売)に続く、【男女逆転 大奥】最終章!

"■lt;将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人gt;誰もみたことのない男女逆転大奥。 百花繚乱の元禄を舞台に、"史上最大"の愛憎が渦巻く! !
-謎の疫病により男の人口が1/4に激減。男女の役割が逆転した江戸時代-という男女逆転の設定で描かれる大奥。斬新な設定の中に、渦巻く野望、悲哀、嫉妬、策略、そして愛。現代の縮図ともいえる説得力のあるドラマに江戸時代のリアルを追求した新しいエンターテインメント時代劇

■lt;男女逆転gt;という設定のほかは、史実に基づいて描かれる壮大な時代スペクタクル。
第八代将軍・吉宗、第三代将軍・家光そして、第五代将軍・家綱と、時代を超えて描きだす歴史大作! 作品毎はもちろん、全作見ても楽しめる豪華絢爛時代絵巻!
興収25億円の大ヒットを記録した前作・映画『大奥』(主演・二宮和也)は、“男女逆転"の世の中が当たり前である八代将軍・吉宗の時代。
連続ドラマ「大奥~誕生[有功・家光篇]」は時代を遡り、男女逆転大奥の誕生舞台裏を描く、三代将軍・家光の時代。
そして、映画『大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]』は、家光の実子であり、五代将軍・家綱の時代を描く!

■堺 雅人、菅野美穂 主演! 尾野真千子、柄本 佑、田中 聖、要 潤、市毛良枝、 榎木孝明、由紀さおり、堺 正章、宮藤官九郎、西田敏行と、脇を固めるのは豪華ベテラン・個性派俳優たち!

■原作はよしながふみの手塚治虫文化賞マンガ大賞・講談社漫画大賞受賞の大人気コミック!

■主題歌はドラマ・映画にMISIAが連続タイアップ! 映画版の主題歌には新曲「Back In Love Again(feat.布袋寅泰)」が決定。

■『のぼうの城』『るろうに剣心』と時代劇ブームが続く!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『大奥』続編プロジェクトの最終章となるエンタテインメント時代劇。時は元禄。初の女将軍・三代家光の実子・綱吉が将軍となり、徳川の治世は最盛期を迎えていた。大奥では後継者をめぐる正室と側室の激しい派閥争いが起きる。

大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転> 通常版 [Blu-ray]

原作を愛読しておりますが、忠実に映像化されていました。こういうのが見たかったんだという作品。ストーリーについてはそもそも原作が素晴らしいので割愛。色も鮮やかでキャストも不自然な気はしませんでした。申し分なかったと思います。どういう風にラストを締めるのかと気になっていましたが、こんなに胸が締め付けられる思いをするとは考えてなかったです。歴史ものとしてではなく、徳川綱吉という一人の女性の苦しく切ない人生、そして晩年やっと見つけた愛の物語として是非見ていただきたいです。
設定も面白かったですし、主演の二人の演技も素晴らしかったです。これは男性より女性の方が感情移入するかな~と思います。私は泣けました。というか号泣しました。
この1〜2年、韓国・中国の映画やドラマにハマり中です。 原作よしながふみさんの漫画も愛読しています。この映画を観て改めて思うのは、日本の伝統芸能の素晴らしさです。工芸と芸道になってしまいますが、御簾1枚の技術・壁絵の趣き・もちろん着物に至るまで…重ね重ねからくる煌びやかだけでなく 潔い引き算の侘び寂びが、画面全てに散りばめられていました。男女逆転という設定から、ファンタジー映画のジャンルになると思いますが、他国に目につく煌びやかさを出すために背景とした時代設定に無い素材を使ったり、CGの乱用で誤魔化す美術とまるで違う厚みを楽しみました。
当時テレビシリーズも原作も好きで追っていました。数年経った今、これだけしか観てない人には若紫の話の下りや、桂昌院が右衛門佐に何故びっくりするかの理由はわからないと思います。映画だけ観るなら二宮さんのほうの大奥がわかりやすいかと思います。数年経って、朧げな記憶の中で再びこの作品を観ることが出来て良かったと思います。原作の心理描写が上手いのせそこが見所ですが、人物が老いないので時系列と年齢がイマイチわかりにくいのが難点です。それでも、この作品は色褪せずに美しい映像として残って欲しいです。