1397円 <あの頃映画> 必殺仕掛人 [DVD] DVD 日本映画 時代劇 必殺仕掛人,DVD , 日本映画 , 時代劇,mpscameroon.com,[DVD],1397円,/bratticing4712370.html,<あの頃映画> <あの頃映画> 必殺仕掛人 美品 DVD 1397円 <あの頃映画> 必殺仕掛人 [DVD] DVD 日本映画 時代劇 <あの頃映画> 必殺仕掛人 美品 DVD 必殺仕掛人,DVD , 日本映画 , 時代劇,mpscameroon.com,[DVD],1397円,/bratticing4712370.html,<あの頃映画>

<あの頃映画> 必殺仕掛人 上等 美品 DVD

<あの頃映画> 必殺仕掛人 [DVD]

1397円

<あの頃映画> 必殺仕掛人 [DVD]

商品の説明

内容紹介

「あの頃映画 松竹DVDコレクション 第2シリーズ」 対象。お求めやすい価格\2,800(税抜)で登場!


晴らせぬ恨みがおありなら、あたしが晴らして差し上げましょう・・・


悪がのさばる江戸の街に、必殺仕掛人登場!


鍼医者・藤枝梅安は、金を貰って悪人をこの世から消す“仕掛人"である。ある日梅安は、仕掛人の本締・音羽屋半衛門からある女の仕掛の依頼を請ける。だが、この女には梅安でさえも知ることの出来ない秘密があった・・・。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

池波正太郎の原作を映画化した「必殺仕掛人」シリーズの第1作。鍼医者・藤枝梅安は、金を貰って悪人をこの世から消す“仕掛人”。ある日梅安は、仕掛人の本締・音羽屋半衛門からある女の仕掛の依頼を請ける。“あの頃映画 松竹DVDコレクション”。

<あの頃映画> 必殺仕掛人 [DVD]

梅安シリーズ第一作の『おんなごろし』と他何作かを併せたストーリーとなっているようです。※梅安シリーズではない『殺しの掟』も入っているような。また、登場人物の設定を変えたり、原作には無いキャラクターも登場し、逆に登場しないキャラクターもあります。ファンとしてはそういった変更に多少不満を感じますが、ストーリーに深みを持たせたという意味ではかなり楽しめる作品だと思います。
田宮二郎は、高倉健や菅原文太と同様に、かつらが似合わない現代劇向きの俳優。初っ端で孫悟空のように感じたが、次第に見慣れてきた。仕掛け人にしては散切り頭は花見客の賑わいの中でチト目立ちすぎるが。役者の掛け合いがごく自然で、演出と役者がカチッと決まっていて小気味いい。仕掛け人達は組織立ってはおらず、長屋住まいのファミリーのような仲間だが強固な意志を持つ。元締めも腕が立つと知った。おもんが艶っぽくていい。野際陽子の尻も見られる。
渋い作品でした。後年のTVシリーズのような派手な演出、スピーディーな展開はなく、娯楽性がやや薄い、静謐な大人の時代劇という感じです。特に俳優の顔ぶれが魅力的な映画だと思いました。(以下敬称略)使われていた音楽は、平尾昌晃作曲の「荒野の果て」。藤枝梅安役は、TVでお馴染みの緒形拳ではなく、田宮二郎。左内役は、林与一ではなく、高橋幸治、元締めの音羽屋役は、TVと同様、山村聡。共演は、川地民夫、室田日出男、野際陽子、森次晃嗣、津坂匡章(現・秋野太作)、川崎あかね、穂積隆信など。特に若き日の故・室田日出男と川地民夫の悪役ぶり、野際陽子の妖艶な悪女ぶりは見もので、肝心なシーンでは猫が一役買っています。本作では、藤枝梅安の生い立ち、妻子持ちの左内が、裏家業をやめて「仕官」するか否かの葛藤が描かれていて、人間味あふれるものになっていました。お色気シーンもあります。梅安役の田宮二郎の、表家業の時の人の良い気さくさと、裏家業の時に見せる眼光鋭いダークでニヒルな色気が魅力的。田宮版の梅安は「女好き」として描かれていますが、なぜか爽やかで品がある〜ダンディーな色気だと思います。左内役の高橋幸治は誠実で無骨な感じですが、裏家業の時や怒りを感じた時の眼光が鋭く、表家業の時や家族と一緒の時のシーンの表情の使いわけが、オーバー・アクトではない所がよかったです。意外な見所が、元締めの音羽屋(山村聡)が相手を仕留めるシーンで、一番渋くて格好よかったと思います。TVシリーズが好きだった方なら、一見の価値があるかもしれません。DVDの特典は、予告編とスタッフ・キャスト紹介。チャプターあり、画質も綺麗でした。
池波正太郎の短篇「おんなごろし」「梅雨の湯豆腐」「縄張り」の三篇をベースにした劇場版「必殺仕掛人」の第一作目。テレビ版とは一味違った落ち着いた雰囲気で、じっくりと仕掛けを魅せてくれます。緒形・梅安、林・左内のファンの僕が見ても、満足できる内容です。クールな田宮・梅安、 無骨そうだけど庶民的な高橋・左内、二人とも自分なりの梅安と左内を演じています。 特に、田宮・梅安は、りきみがなく、ほんとうに爽やかで、飲みやすいお酒みたいな感じ。僕は、田宮・梅安に酔ってしまいました。♪酒は〜大関、心意気〜〜♪

土木(Civil Engineering)とは

「市民のための工学」あるいは「市民の文明的な暮らしのために、 人間らしい環境を整えていく仕事」を意味する言葉です。

土木という言葉について

土木学会の紹介

土木学会は 自然に対する畏敬の念を持ち、美しく豊かな国土と持続可能な社会づくりに貢献します。

会長室

アーカイブ

News

ページのトップへ戻る