ディスカウント 座頭市 御用旅 東宝DVDシネマファンクラブ 1400円 座頭市 御用旅 [東宝DVDシネマファンクラブ] DVD 日本映画 アクション ディスカウント 座頭市 御用旅 東宝DVDシネマファンクラブ 1400円 座頭市 御用旅 [東宝DVDシネマファンクラブ] DVD 日本映画 アクション [東宝DVDシネマファンクラブ],座頭市,1400円,mpscameroon.com,御用旅,/bratticing4712270.html,DVD , 日本映画 , アクション [東宝DVDシネマファンクラブ],座頭市,1400円,mpscameroon.com,御用旅,/bratticing4712270.html,DVD , 日本映画 , アクション

ディスカウント 座頭市 御用旅 東宝DVDシネマファンクラブ 春の新作

座頭市 御用旅 [東宝DVDシネマファンクラブ]

1400円

座頭市 御用旅 [東宝DVDシネマファンクラブ]

商品の説明

内容紹介

東宝DVDシネマファンクラブ キャンペーン第二弾

第二弾は、刑事物語シリーズ、子連れ狼シリーズ、座頭市シリーズ、戦争映画、特撮、若大将シリーズから計60作品をリリース! !
勝新太郎主演!アクション時代劇の決定版!!森繁久彌、三国連太郎と競演陣も豪華な第23作!

監督:森一生  原作:子母沢寛 脚本:直居欣哉 音楽:村井邦彦

出演:勝新太郎/森繁久彌/三國連太郎/高橋悦史/大谷直子/石橋蓮司/蟹江敬三

88分/カラー/シネスコ/片面1層/音声: 1.日本語モノラル/1972年

【特典】予告篇/オリジナル・サウンドトラック 音楽:村井邦彦/森田富士郎カメラマンインタビュー

【封入特典】 解説書

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

森一生監督によるシリーズ第23作。座頭市は盗賊に襲われた母親に代わり、赤子を塩原へ届けることになるのだが…。森繁久彌、三國連太郎が共演。“東宝DVDシネマファンクラブ【期間限定プライス版】キャンペーン”。

座頭市 御用旅 [東宝DVDシネマファンクラブ]

勝新太郎って耳が動かせるのね。そういう人は世の中には大勢いるんだろうけ ど、映画の役作りでその特技を生かした人は、ちょっと他に思い浮かばない。たぶん、本作が森一生監督の最後の作品だと思う。ストーリー構成のバランスはあまりよくないけど、なにしろアイディアが豊富で、観客へのサービス精神が徹底されていて、抜群に面白かった。アイディアのひとつとして、ナレーションが浪曲。「およし~なさい~よ…」とか、の浪曲の節回しに、サンタナの「哀愁のヨーロッパ」調のインストの音楽 (村井邦彦)が被さって、そのミスマッチ感に冒頭からいきなり座頭市ワールドの異世界的ムードが漂う。森繁久彌は、当時「社長」シリーズと「駅前」シリーズで喜劇俳優として一世を風靡したが、本作では生真面目で頑固な目明かし藤兵衛役を好演している。べらんめえ調の台詞回しは他で見たことはないが、ときどき独り言を言うあたりは、まさに森繁調の芝居。そしてベンガルに似ている。藤兵衛の倅・清次役は酒井修。「男一匹! ガキ大将」の実写映画版で戸波万吉を演じた。そして佐々木剛(仮面ライダー2号・一文字隼人)に似ている。今回の悪役、ヤクザの親分・鉄五郎は三國連太郎で、子分には蟹江敬三や石橋蓮治がいた。みんな若い。三國は小悪党、蟹江、石橋はさらに小・小悪党という感じで、なんかショボい。現代での彼らの重鎮ぶりを思うと、隔世の感がある。旅芸人には、猿回しの笑福亭仁鶴、夫婦漫才の正司礼児・歌江などがいた。田辺 一鶴にそっくりな髭を生やした講談師もいたが、やたら声が大きいので、田辺一 鶴その人だと気がついた。若い。たしか田辺一鶴は野球審判の資格を持っていた と思うのだが、声が無意味にでかい。劇中では「忠臣蔵」を語るが、石橋蓮司に 「うるさいからもう止めろ!」と言われてしまう。私も同意。エンディングのナレーション(浪曲)とテーマ曲が流れるが、突然ピタリと音楽が止まる。市の旅路に高橋悦史が待ち構えている。台詞なし。音なし。無言の中で閃光のような3秒間の殺陣。高橋悦史が崩れ落ちる。最後の10分間に観客のカタルシスが実現される。捕り方の役立たずぶりは全く納得しようがないが、火を背負った市が鉄五郎に歩み寄ってくるシーンはホラー映画ばりの怖さ。「ゾンビ」か「ターミネーター」だ。最後の最後での市と高橋悦史との居合対決。これこそチャンバラの悦楽。シビれ たなあ。終わりよければすべてよし。森繁が全くアクションしないとか、三國の 作り込み芝居が鬱陶しいとか、大谷直子は何故脱がんのだ? という観客の不満が一気に解消した。
1970年代の座頭市映画の中でもなぜか妙に印象深い映画である。この頃の座頭市はストーリーがマンネリ化しているのにも関わらずだ。監督は黒澤明の親友森一生だが、明らかにトーンの違う箇所が少なくとも二ヵ所ある。座頭市と浪人(高橋悦史)の出会いとラストの対決シーンがそれである。このシーンは勝新が演出したらしいのだが、なんせ印象深い。とくにラストの対決の映像は脳裏にこびりついて離れない。閉塞感や終末感の漂う独特のアバンギャルドな映像が70年代座頭市の魅力である。
森繁さんの人情味あふれる抑えた演技もすごいですが三国さんの強烈な悪役にびっくりしました。今まで切腹という映画のイメージが頭にあったのですがこの映画ではどぎついメイクに時折シシシッと笑い憎たらしさ倍増のわかりやすいB級悪にくぎづけになります。今までのベスト悪役のかなり上位になります。もっと早く見れば良かったです。もちろん映画も良い娯楽作品で久しぶりにのめり込めました。
当時見れなかったのでぜひ見たかったので良かった。従来の大映ものと違って、配役が豪華でそれぞれの持ち味がとてもよく出ていた。もう今では作れないので内容の評価は意味がないとも思います。

土木(Civil Engineering)とは

「市民のための工学」あるいは「市民の文明的な暮らしのために、 人間らしい環境を整えていく仕事」を意味する言葉です。

土木という言葉について

土木学会の紹介

土木学会は 自然に対する畏敬の念を持ち、美しく豊かな国土と持続可能な社会づくりに貢献します。

会長室

アーカイブ

News

ページのトップへ戻る