[DVD],過激派オペラ,1865円,/bratticing4272270.html,mpscameroon.com,DVD , 日本映画 , エロス 1865円 過激派オペラ [DVD] DVD 日本映画 エロス 激安 過激派オペラ DVD [DVD],過激派オペラ,1865円,/bratticing4272270.html,mpscameroon.com,DVD , 日本映画 , エロス 1865円 過激派オペラ [DVD] DVD 日本映画 エロス 激安 過激派オペラ DVD

激安 ファクトリーアウトレット 過激派オペラ DVD

過激派オペラ [DVD]

1865円

過激派オペラ [DVD]

商品の説明

内容紹介

女たちが繰り広げる15分に1度の剥き出しの愛ー。
女たちの狂熱の演劇エンターテイメント! !
伝説の劇団「毛皮族」主宰の江本純子が初監督として挑む衝撃の話題作! 『百円の恋』早織、『ゾンビアス』中村有沙が全て剥き出しの演技! !


【INTRODUCTION】
狂おしいほどの青春と愛とエロ。
2000年に劇団「毛皮族」を旗揚げして以来、
国内外でセンセーショナルな作品を発表し続ける演劇界の奇才・江本純子が、自伝的小説『股間』を遂に映画化。
舞台演出で培われた演出方法は細部にまで行き届き、
スクリーン狭しと表現される過激な表現に圧倒されずにはいられない。
初監督作とは思えない圧巻のデビューとなった。
そして、かつて見たことのない衝撃的な愛の表現により本作は幕を開けるー。
狂熱的な主人公を取り囲む女優たちの嫉妬や欲望、
剥き出しの感情が交錯する青春群像劇である本作は『百円の恋』の早織と、
『ゾンビアス』の中村有沙のダブル主演。
2人の感情も肉体も全て剥き出した演技がこの作品を一層本気に仕上げている。
また、個性溢れる劇団員を、今注目の若手である桜井ユキ、
森田涼花、佐久間麻由、後藤ユウミ、石橋穂乃香、今中菜津美が怪演し、
演劇界から宮下今日子、遠藤留奈、梨木智香、大駱駝艦、安藤玉恵、高田聖子が脇を固める。そして、
ライバル役として趣里、増田有華が華を沿える豪華な布陣が集結した。

【STORY】
"女たらし"の女演出家・重信ナオコは劇団「毛布教」を立ち上げ、
旗揚げ公演『過激派オペラ』のオーディションを開催。
そんな中出会った一人の女優、岡高春。
春にひと目惚れしたナオコは、春を主演に抜擢し、
学生時代からの演劇仲間や新たに加わった劇団員たちと旗揚げ公演に向けて邁進していく。
同時に、ナオコの猛烈なアタックにより春との恋愛も成就。
絶好調のナオコは旗揚げ公演を大成功に終わらせ、全て順調に進んでいるように思えたのだが・・・。

【CAST】
早織(『百円の恋』「ケータイ刑事銭形雷」)
中村有沙(『ゾンビアス』)
桜井ユキ
森田涼花
佐久間麻由
後藤ユウミ
石橋穂乃香
今中菜津美
趣里
増田有華

【STAFF】
監督:江本純子(伝説の劇団「毛皮族」主宰)
原作:『股間』江本純子(リトルモア刊)
脚本:吉川菜美、江本純子

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

演劇界の奇才・江本純子が、自伝的小説「股間」を自らの監督・脚本により映画化。劇団を立ち上げた女演出家・重信ナオコが女優・岡高春と出会い、成功し挫折していく様を描く。『百円の恋』の早織と、『ゾンビアス』の中村有沙がダブル主演。

過激派オペラ [DVD]

早織が脱いだという事でそれ目的で観ましたが、あの短髪の劇団の主宰者が早織なんだよね?観ながら「え?違う?」「そうなの⁉」と疑いながら観てしまいました。髪型のせいもあるが、男にしか見えない…‼映画作品だから「面白かった‼」「面白くなかった‼」や「いい作品だった‼」「駄作だった‼」という観方をした方が正しいのだろうが、早織が脱いだ‼というエロい目線で観てしまうと、せっかく早織が脱いだのに、勿体ないというか…ありがたみがないというか…。早織のエロいシーンで興奮したかった‼というのが本音です。ちょっとガッカリ…‼
確かに出演の皆さん、熱演してます。かなりスピーディーな展開の良い所はそのおかげで場面場面がすごく印象深く残ること。劇中劇は本当にこの役者たちで見たくなるほど、細切れでも印象深くぜひそちらを本当に撮って欲しいほど。しかし、最大の欠点はまたスピーディーすぎる所で本編があまりにもありきたりで、これで役者の個性を活かした役がもっとはっきりと描かれればぶつかり合いで面白そうなのに、そこは上辺だけでいっちゃうので、演出もいい線いくのに凡作で終わってしまう、と言う非常に勿体無い作品。このありきたりな話は、本当にもう少し工夫してほしかった。この監督はリブートされたロマンポルノの次があるなら是非参加してほしい。この感性、見事に活かせるだろうから。余談だが森田涼花はめちゃかわいい。もう少し演技を見たかった。
2016年10月1日公開。 監督は江本純子。劇団「毛皮族」を主宰する江本純子が、自伝的小説「股間」を自身の初監督作品として映画化した作品。レズビアンの劇作家が劇団を立ち上げて、熱く演出したりクンニリングスしまくったりするお話。恋愛がままならない男子として、『アデル、ブルー~』 『リリーのすべて』『キャロル』なんかは全然楽しめなかったのだが、これは最高に面白かった!一応レズビアンものなのだが、主人公のリビドーが完全に男と同じなので違和感がなかった。 セックスしたくて土下座したり、隙あらばどこでもファックしようとしたりとか、ケダモノっぽさリアルだった。劇団立上げと恋愛の始まりからスタートして、そこからのストーリーも面白かったし、90分という長さも飽きなくてちょうどいい。 うら若き女性たちが下着姿で走り回ったり絶叫したり、水かけあってはしゃいだりする様も、キラキラしてます。映画の中で行われてる演劇は全然理解出来なかったけど、青春、恋愛、クリエイターとの葛藤を描いた映画としてすごく楽しめました。 青春映画ですね。お金かかってないところや、ほとんど知らない女優さんたちばっかりだったもの好感が持てました。 監督の次回作が楽しみです。
実在する女性劇団「毛皮族」の主宰者、江本純子氏の初監督映画。お話は、まずは、同じく女性劇団の「毛布教」が「過激派オペラ」という題名の作品で、旗揚げ公演を目指す所から始まります。「毛布教」は、昔で言えばアングラ系で、公演会場も桟敷席の小さな芝居小屋。大劇場ではありません。と言う訳で、映画は舞台稽古の場面を中心に進み、その間に様々なエピソードが挟まれます。作品全体としては、芝居に情熱を燃やす若い女性主宰者や女優達の青春ストーリーだと思います。「毛皮族」とダブらせたある意味私的な作品ですが、芝居を題材にした映画はあまりないので、たまにはいいかも知れません。下北沢の街の様子も少し映ります。

土木(Civil Engineering)とは

「市民のための工学」あるいは「市民の文明的な暮らしのために、 人間らしい環境を整えていく仕事」を意味する言葉です。

土木という言葉について

土木学会の紹介

土木学会は 自然に対する畏敬の念を持ち、美しく豊かな国土と持続可能な社会づくりに貢献します。

会長室

アーカイブ

News

ページのトップへ戻る